関西 初日の出の期待大は太平洋側の平野部 日本海側は雪の年明けへ

日直予報士

年明けの1月1日の近畿地方は、上空に寒気が居座るため、冬らしい天気になるでしょう。太平洋側の平野部では広く晴れて、初日の出の見られる可能性が高くなっていますが、日本海側では沿岸部や滋賀県の湖北を中心に雪の年明けとなる見込みです。

●北部と山地 あすにかけて引き続き大雪に警戒・注意

今日12月31日、兵庫県朝来市和田山では12月の雪の深さとしては観測史上1位を記録し(10時現在の45センチ)、兵庫県兎和野高原では16時時点で雪の深さが99センチと1メートルにせまっています。
これからあすの夕方にかけては更に雪の量が増える見通しで、多い所では北部の山地で70センチ、北部の平地で50センチの雪の降る予想となっていますので、雪深い地域では、なだれや屋根からの落雪に注意をしてください。また、積もった雪の重みで電線が切れて停電の発生する恐れがあります。懐中電灯やモバイルバッテリーなど、停電への備えがあると安心です。

●今夜からあすの朝にかけては路面凍結にも注意

近畿地方では上空に寒気が居座る影響で、明日1日の朝は日本海側や内陸部を中心に氷点下の冷え込みの所が多いでしょう。雪の積もっている北部や山沿いでは、路面の凍結の恐れがありますので、お車を運転する際は慎重かつ安全運転を心がけてください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ