バカ売れに「あぁやっぱり!」【コンビニシュークリーム】人気5種食べ比べ

ananweb

コンビニスイーツで1、2位を争う人気の定番と言えば「シュークリーム」。サイズ、素材、季節限定フレーバー…など、バラエティに富んでいます。コンビニ利用率高め、自称コンビニ愛好家のライターが、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで買える、定番のシュークリームを食べ比べてみました!
文・小田原みみ

■ 定番シュークリーム5種実食レポート

ほぼ毎週火曜日に新作のコンビニスイーツが発売されます。移り変わりが激しい新作スイーツの横で、定番スイーツとして鎮座するシュークリーム。実は定期的にリニューアルが行われ、美味しさが少しずつアップしているのです。今回はそんな定番のシュークリームの各社5種を食べ比べてみました。

■ パティスリー並みの美味しさは…セブン-イレブン

■ 【セブン-イレブン】シュー・ア・ラ・クレーム ¥140(税込み)

コンビニシュークリームに新たな風を巻き起こしたといっても過言ではないセブン-イレブンの「シュー・ア・ラ・クレーム」。2020年5月26日に全国発売されると、そのあまりの美味しさで話題になりました。

美味しさの理由はおもにふたつ。まずひとつ目はシュー生地。アーモンド配合の生地を、発酵バター配合の生地に重ねて焼き上げていて、それだけを食べても十分に美味しいのです。

ふたつ目は中のカスタードクリーム。『エグパティシエール』という、スイーツに最適といわれる卵が使用されていて、卵のコクと同時に上品な甘さもしっかりと感じられます。しかも、このように隅々までたっぷり! シュークリームのサイズは小ぶりながらも高級感あふれる一品。

■ ボリュームも重視したいなら…ローソン

■ 【ローソン】大きなツインシュー ¥120(税込)

ローソンのシュークリームの定番『大きなツインシュー』。がっつりとシュークリームを食べたいときにイチオシです。記事冒頭の集合写真(右列一番奥)をみても、ひと回り大きいのがわかります。

大きさもさることながら、手に持った感じもずっしりとしています。

中はホイップクリームがたっぷり! このクリームはスーッと口溶けは滑らかで、対照的にカスタードクリームは濃厚な甘さでこってり系。食べる場所によってクリームの割合が違うので、ひと口ひと口が楽しいシュークリームです。

■ 【ローソン】ふっくら生地のプチシュー 13個 ¥300(税込)

ボリュームは大きさだけではありません。こちらは数で勝負。

ひと口サイズのシュークリームが13個入っています。

数だけで勝負かと思いきや、中に入っているクリームにもこだわりが。カスタードクリームの中には北海道産生クリームとマダガスカル産バニラビーンズが入っていて、香り豊か。数人でシェアしてもよいのですが、ひとりでもいつの間にかパクパクっと食べきってしまう美味しさです。

■ 間違いのない美味しさなら…ファミリーマート

■ 【ファミリーマート】クリームたっぷり! 濃厚カスタードシュー ¥130(税込)

シュークリームの要、カスタードクリームに使用する卵にこだわったシュークリーム。その卵とは、ファミリーマートオリジナルの『コクと旨みのこだわり卵』。マリーゴールド、植物性乳酸菌、ハーブ、昆布粉が入った飼料で育った鶏から生まれた卵なんです。

その卵を使用したカスタードクリームは…

あふれんばかりにトロリとして、食欲をそそります。食べてみると卵の甘さとコクに加えて、バニラビーンズも贅沢に入っていて、いい香り。細部へのこだわりが感じられる一品です。

■ 【ファミリーマート】たっぷりクリームのダブルシュー ¥149(税込)

上で紹介した「クリームたっぷり!濃厚カスタードシュー」と同じく、こちらのカスタードクリームにも「コクと旨みのこだわり卵」が使用されています。

シュー生地は柔らかく、薄め。中はこのようになっています。

ホイップクリームの割合が多いのですが、食べるとシュワーと溶けて、口の中でカスタードクリームと混ざり合います。ホイップのミルキー感、カスタードの卵感、どちらもバランスよく楽しめます。

■ 定番コンビニシュークリームの美味しさはますますアップ

今回ピックアップした5種は、いずれも各コンビニの定番シュークリーム。 スイーツ納めやスイーツ始めにシュークリームはいかがでしょうか。

文・小田原みみ

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ