ayaの【自己肯定ヨガ】#8 語尾に「ね」をつけてみる

OTONA SALONE



自分を変えたい、もっとよくなりたい。なのに変われないのは、心がかたく縮こまっているからかもしれません。

あなたの心は、もっと自由であっていい。

大ヒット書籍『自己肯定ヨガ』から、予約の取れないヨガクリエイター・ayaさんの「心をやわらかく解きほぐすヒント」を1日1ワードお伝えします。



自分の“ファン”を増やすうえで、意識したいのが、語尾をやさしく話すこと。ヨガの指導者という立場上、注意を促さなければならないことも。

そんなときは語尾を長くのばして発音したり、「ね」や「よ」をつけて、やわらかい話し方をするよう心がけます。伝える内容は厳しくても、それだけで相手が受けとりやすくなるのです。

また、ユーモアをまじえて伝えることも大事。レッスン中、難しいポーズに苦戦している生徒さんには、「歌舞伎役者さんみたいな顔になってますよ~」なんて声をかけます(笑)

笑うと余分な力が抜け、自然にポーズがとれるように。そんなちょっとした心遣いで、コミュニケーションはぐっとスムーズに。



aya
留学先のアメリカでヨガに出会い、自身の20kg以上の大減量に成功。様々なヨガを学んだのち、指導者に。食、美、健康、ボディメイクなど「美しく魅せる」をテーマに月200以上のオリジナルレッスンをこなし、レッスンには有名女優やモデルが数多く通う。予約の取れない人気ヨガ講師として話題。

自信が持てない女性たちへ。心と体をポジティブに変え、自分を好きになれる、ayaさんのオリジナルヨガって?

『1日1ポーズで体と心を整える 自己肯定ヨガ』aya 1,400円 税/主婦の友社

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ