男性が思わず「自分から手を繋ぎたくなる」女性の仕草

愛カツ


突然ですが、手を繋ぐのは好きですか

手を繋ぐと、心もしっかり結ばれているように感じ、安心感や幸福感もあり、一緒にいる時間がもっと嬉しい時間になりますよね。

いつも手を繋ぐのはどちらからが多いですか?

あなたから?……それとも彼から?

今回は、男性が思わず「自分から手を繋ぎたくなる女性の仕草」をご提案。

ぜひ、今度のデートで実践してみてください!

男性が思わず「自分から手を繋ぎたくなる」女性の仕草

■ きゅっ!と彼の袖を摘まむ

街歩きのデートやイベントなどに行くと、人混みの中を歩かなければなりません。

観光地や大きな駅を歩くときもそうですね。

彼と並んで歩くのも難しく、はぐれそうになることもしばしばかと思います。でもそんなときこそ、手を繋いでもらうチャンス!

彼との距離が離れそうになったら、きゅっ!と彼の袖を摘まんでみてください。

服を軽くひっぱられ振り向くと、必死にはぐれまいとする彼女がいたら……きっと彼も、手を繋がずにはいられないはずです。

■ 寒いときに、体をキュッと縮めてる

寒い日のデートこそ、できれば密着していたいものですよね。

「さむっ」と感じたときこそ、彼に手を繋いでもらうチャンスです。

寒いと感じたら、体をキュッと縮めて立ち止まってみましょう。

きっと男性もスッと手を出して「もっとそばにおいで」と言いたくなるはずです。

■ 無言で彼に体を寄せる

よい景色を眺めながら、ふたりで並んで立っているときや、ベンチにふたりで並んで座っているとき。

そんなときは、彼のほうに少し体を傾けてみましょう。

ほんの少しの傾きだったとしても、相手の男性は、あなたの好意を感じられるはず。

無言で自分に体を寄せてくれるのであれば、好意をしっかり受け止めたくなるものですからね。自然と手も繋げるはずですよ。

■ 彼の方に両手を伸ばす

たとえば、お店のテーブルで向かい合わせの席だった場合。

手はテーブルの上に。

両手を丸く握って(片方の手で片方の手を包んでおく感じ)彼のほうに少し伸ばしておきます。

それから彼をみつめて、目が合ったらニコっと優しく微笑んでみてください。

楽しいというより、優しく愛おしく見つめる感じがおすすめです。

気持ちが伝われば、自然に彼も、テーブルの上にある手を、上からギュッと握ってくれるかも。

「どうしたの?」と聞かれたら、「なんでもないよ~」「なんか幸せだな~って思って」など、温かく感じる気持ちを伝えてあげるといいかもしれません。

■ 「手を繋いでサイン」を送ってみて!

男性から見れば、求める女性はとても可愛いものです。

チャンスがあれば、ぜひ積極的に「手を繋いでサイン」を送ってみてください。

雰囲気を見極めながら、おちゃめにするか、自然な感じに振る舞うか、思いっきり愛おしく求めるか。

賢く調整すれば、きっと彼のハートを掴めるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ