【マッチングアプリ】これは地雷男!女性たちがやりとりをやめた瞬間 #2「意見を言わせないため?」

ウレぴあ総研

マッチングアプリは、不特定多数の異性のなかから出会いを楽しめる便利なツール。気軽に利用できる反面、既婚者や遊び目的の男性が潜伏しているケースもしばしば。

そこで今回は、マッチングアプリを利用している女性たちに聞いた、「地雷男」だと気づいてやりとりをやめた瞬間についての実録エピソードを紹介します。

「これは筆者の実体験になりますが、見ず知らずの人にいうのははばかられるようなプライベートな自分の話をベラベラと話す男性と、マッチングアプリで遭遇したことがあります。

そんな男性といよいよデート待ち合わせになった時に、こちらの意見を聞かずに車で迎えにいくとの連絡が。しかし、筆者は見ず知らずの人の車にすぐ乗るのは嫌だったので『駅近のお店で、現地集合現地解散で』と伝えました。

すると、突然Aさんのアカウントが消えて、二度と連絡ができなくなりました。今になって思うのは、自分の話を一方的に話すのは、こちらに意見を言わせないための方法だったのではないか、と思うのです。

あの時、もしすんなり車に乗っていたらと思うとゾッとします」(41歳/フリーライター・筆者)

マッチングアプリの出会いで、「車で迎えにいくよ」という人もいますが、くれぐれも見ず知らずの人の車にすぐに乗ってはいけません。

マッチングアプリには、体の関係を持つことを目的にしている、ヤリモク、と言われる人達がいます。

最初の待ち合わせは、駅前など人どおりの多いお店で、できればお昼に会うのがベター。

自分の話ばかりをする人は自己中心的な傾向が強いですし、こちらの男性に関しては、相手の話を聞かずに押し通すことで目的を強引に達成しようとしていたのではないでしょうか。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ