RIZIN初代アンバサダー・くるみ 「試合前の煽りVTRにも注目してほしい」

しらべぇ




31日、総合格闘技団体「RIZIN FIGHTING FEDERATION」が主催する格闘技イベント「Yogibo presents RIZIN.26」(以下、RIZIN)が、さいたまスーパーアリーナにて開催される。

その初代アンバサダーを務めるのが、タレントのくるみだ。兼ねてより格闘技の魅力を発信していた彼女が、アンバサダーという役割にどんな風に向き合っているのか、そして、彼女が思う31日のRIZINの見どころはどんなところなのか。

しらべぇ取材班では今回、くるみが柔術のレッスンを受けている道場「CarpeDiemMita(カルぺディエム)三田」にてインタビューを行い、話を聞いた。

画像をもっと見る

■コロナ禍で柔術も振り出しに




―――本日は、年末のRIZINが迫ったお忙しい時期に取材のお時間を取っていただいて、すみません!

くるみ:道着姿で取材を受けていて、ややこしい感じになってますけど、私は選手じゃないので(笑)!


―――しかも、取材場所も道場なので、余計に選手インタビューのようになっています(笑)。今日もこのあと稽古されるということですが、柔術を始めたのはいつ頃ですか?

くるみ:今年の2月に始めたんですけど、コロナの影響もあって、すぐに道場がお休みになってしまって…。

練習を再開できたのは、夏くらいでした。そのときはもう、2月にやったことは全部忘れてしまっていて、また一からのスタートになりました(笑)。


関連記事:坂上忍、新庄剛志氏の『RIZIN』出演説に驚愕 ファンからは応援の声も

■武術の中でも柔術を選んだ理由


―――始めたてで練習ができなくなったら、忘れてしまうのも無理ないです。格闘技が好きで武道を始められたと思うのですが、数ある武術の中で、柔術を選んだのはなぜなんですか?

くるみ:今年の2月に浜松で開催されたRIZINの大会で、柔術のエキシビションマッチを観たときに、面白そう! と思ったのがきっかけです。

もともと格闘技をやりたいとはずっと思っていたのですが、キックとかボクシングは痛くて怖そう、という印象もあって。

でも、いざ始めてみると、当然なんですけど、柔術は柔術なりの痛さがあるし、しかも、どこを痛めたのかがイマイチわからない、変な怪我の仕方をするんです(笑)。首を痛めて、1ヶ月くらいずっと痛みが続いたこともあります。


■格闘技をやってみてわかったこと

(石黒遥希先生とくるみ)
―――1ヶ月も痛みが続くのは辛い…。想定外の痛さがあって、辞めたい、とは思いませんでしたか?

くるみ:もちろん痛いんですけど、それ以上に楽しいという気持ちのほうが大きいです! もともとスポーツが好きだし、格闘技に携わる仕事をさせていただいているので、いろいろな発見もあって、勉強にもなります。


―――強くなっていく感覚や、精神統一されて気持ちに余裕ができていくような感覚はありますか?

くるみ:強くなっていく感覚…。私はまだまだ弱いですね(笑)。


―――一回、一からになってしまっていますしね(笑)。

くるみ:でも、自分がやってみて、改めて格闘技の大変さがわかりましたね。

友達に「柔術やってるんだよね? 三角絞めとか腕十時固めとか余裕でできるよ」とか言われたときに、もっと奥が深いよ! って思うようになりました。

■得意技の三角絞めを実演


―――「余裕でできる」と簡単に言ってしまう人は、ちょっと…と確かになります。

くるみ:私が柔術をやってることにも「ビジネスだ」「練習にも1、2回しか行ってないんじゃないの?」と言ってくる人もいて。強くなろう…と思いました(笑)。


―――ちなみに、くるみさんが今一番得意な技は何なんですか?

くるみ:三角絞めが好きです! スパーリングをしていて「あっ、もう無理だ」と思ったら、三角絞めに逃げちゃう癖があります(笑)。


―――ちょっと実際に三角絞めを見せていただいてもよろしいでしょうか?

くるみ:やります!


―――すごい、完璧にキマってる(くるみさんにナメた口を聞く人も撲滅されそう)! この流れで、次は遥希先生の得意な腕十字固めもかけてもらいましょう!


■格闘技に対して熱くなりすぎてしまい…




―――くるみさんと遥希先生の美技の共演、ありがとうございました。ところで、くるみさんがここまで総合格闘技に魅せられるようになったのは、何がきっかけなんですか?

くるみ:2017年に観たRIZINがきっかけです。埼玉スーパーアリーナのような大きな会場で行われる試合が衝撃的で、煽りの映像も面白くて、完全にハマりました。


―――当時から、試合の感想やレポートを個人的にSNSにアップされていましたよね。それは気持ちが溢れて、発信せずにはいられなくなったから?

くるみ:そうですね。格闘技が好きな方は本当に熱い人が多くて、ツイッターでもやり合いになるくらいなんです。私も熱くなりすぎてしまうので、最近は(個人的な感想やレポートのアップは)控えるようにしています(笑)。

■公式アンバサダー就任は直談判で実現


―――その気持ちが溢れた勢いそのまま、といった風に、RIZINを運営するドリームファクトリーワールドワイドの榊原信行CEOに直談判して、初代アンバサダー就任が決まったと伺いました。

くるみ:はい。榊原さんとは以前お仕事でご一緒させていただいたことがあったのですが、私のRIZINへの思いをわかってくださって、アンバサダーという形で関わらせていただくことになりました。


―――アンバサダーとして、試合前後の選手インタビューも担当されるようになりましたよね。いつも和やかな空気というわけももちろんなく、大変そうだなと…。

くるみ:海外の選手の中には、試合前すごくピリピリしている方もいて。減量でご飯も食べられていないので、そりゃそうですよね。

一日中同じような質問もされているだろうし、何を話すのかにも気を遣います。私は好きな漫画の話とか、日本の食べ物の話をまず聞くようにして、その後、本当に聞いておくべき質問をするようにしています。

そうすることで、雰囲気もマイルドになるような気がします。誰でも同じ質問が続くのはいやになってしまいますよね(笑)。

言わば、(試合前は)人間の極限の状態。それどころじゃない。ピリピリした返答が返ってきても、そういうものだ、と思います。


■朝倉未来選手にNG質問をするハメに




―――逆に、くるみさん自身がインタビューでこわばったことはないですか?

くるみ:私は本当にそれがなくて。緊張しないし、人と話すのも好きだし、平気。でも、周りの記者の方たちの緊張は伝わってきます。

以前、朝倉未来選手が試合前のインタビューがあったんですけど、朝倉選手はコンディションを聞いてほしくない、と事前におっしゃっていたらしくて、でも記者の人たちとしてはコンディションを聞きたい。

その時、(他の記者たちが)「未来くんが来たら、コンディション聞いてくれない?」って。私、それが初めてのインタビューなんですよ(笑)! ええーっ、と思ったんですけど、「コンディションどうですか?」って聞いたんです。


―――え、聞いたんですか!?

くるみ:そうなんです! じゃあ、朝倉選手が笑って、「コンディションは微妙かな?」って、ふざけてくれて。優しい方でした。

■アンバサダーとして何ができるか不安


―――アンバサダーというオフィシャルの肩書きがついたことで、気負いすぎてしまう面もあるのかなと思っていたのですが、こうしてお話を聞いていると、くるみさんは大丈夫そうですね。

くるみ:それが、めっちゃ気負ってるんです(笑)。アンバサダーを務めるのは私が初めてということもあって、RIZINのアンバサダーとして何かできるかを私自身がしっかり考えて伝えていきたいと思っています。

RIZINガールもいる中で、自分ができることって何だろう、と考えたとき、それがすごく難しかった。もしかしたら、何もやり遂げられないまま、終わってしまうかもしれないですし、今でも、このままでいいのかな? って、ずっと考えています。


―――前例がないだけに、“正解”がない…。難しいですね。

くるみ:アンバサダーに就任したことで、格闘技ファンのみなさんからメッセージを送ってもらうようになったのですが、格闘技ファンの声を聴くことはすごい大切だなと思いました。

アンバサダーはRIZINとファンのちょうど中間だと思っているので、その思いを伝えることも私の役目なのかなとは思っています。


■約1年ぶりにグラビアに挑戦


―――25日発売の『FRIDAY』(講談社)では、RIZINとのコラボグラビアにも挑戦されましたよね。

くるみ:今年は(コロナ禍で)思うようにアンバサダーとしての活動ができなかったという反省があったので、一ミリでもRIZINを盛り上げることにつながるなら、と思って、今回のグラビアには取り組みました。


―――コラボグラビアがきっかけで、RIZINを観てみようと思う人もいると思います。

くるみ:ただ、勘違いされないように、事前にちゃんと言っておかないといけないのが、私は当日テレビ(地上波)には出ません!

「あれ、くるみ出てないじゃん!」とならないように注意してください(笑)。当日は選手のインタビュー取材をメインに行いますので、是非公式SNSなどでチェックしていただけたら嬉しいです。

■年末のRIZIN開催前の心境




―――改めて、年末のRIZINまであと少しですが…

くるみ:そうやって聞かれると、やっぱり私がRIZINに出る選手みたいになっちゃう(笑)!


―――ここにきて再び道着と道場マジックが出てきました(笑)。でも、アンバサダーとして臨むRIZINは、これまでとはまた違ったものになると思います。今の心境はいかがですか?

くるみ:私が見たい人が集結する日なので、純粋に楽しみです。RIZINファンのみなさんも、今回のカードは文句なし、という感じではないでしょうか。すごく面白くなると思います。

当日は選手インタビューをさせていただき選手の気持ちや思いを届けられるように頑張りたいです。

■煽り映像を作ってる人は天才




―――では最後に、あまり格闘技に明るくないという人でも試合を観たくなるような、くるみさんの思うRIZINの見どころを教えていただけますか?

くるみ:まだ、全カード発表されていない(※取材時点)のですが、現時点ですでに有名な選手がたくさん出ているので、まず、そこが見どころの一つです。

あとは、試合前に流れる煽り映像にも注目してもらいたいです。煽り映像を作ってる人は天才だな、って毎回思うので(笑)。

それぞれの試合にストーリーがあって、もう試合は始まっているんだ、って思えるVTRは、あまり格闘技に詳しくない人でも引き込まれると思います!


取材協力:CarpeDiemMita三田

〒108-0014 東京都港区芝5-1-13 三ツ輪三田ビルB1

TEL: 03-6435-4803

・合わせて読みたい→名取くるみの「近未来のセクシー女スパイ」衣装が最高すぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ