九星別!2021年1月の総合運

カナウ


九星別!2021年1月の総合運

こんにちは。占い師の護明です。
新しい年を迎えますが、以前としてコロナ禍は続いています。
例年と違って気分的にすっきりしない年明けを迎える方が多いのではないでしょうか?

本来なら天が恵みを与えてくれる年なのですが、完全にすっきりとした幕開けは期待出来ませんね。
気分を変えて一月の運勢を九星別に紹介していきますね。

目次

一白水星


スタートは順調ではありませんが、徐々に実力が発揮できる月になりそうです。
スタートは慎重に切ってください。良い面と悪い面が混在する月になります。
ある意味今までしてきたことが、良いことにせよ悪いことにせよ結果として表れてきます。真摯(しんし)に受け止め、更なる飛躍を期待します。

二黒土星


今年の運勢は忍耐我慢の年という位置づけになります。
逆にしっかりと耐え忍ぶことが出来れば今後につながる大切な年になるでしょう。
一月はその中でも重要な最も大切な月と言えるでしょう。
一発逆転の発想は捨てて地道にコツコツと頑張っていきましょう。一月を耐え忍ぶことが出来れば明るい未来が開けてきます。

三碧木星


比較的すんなりと物事が進み、不調期から脱する気配が見え始めます。
個々で調子に乗るのではなく更なる気持ちの引き締めが出来れば、今年は良い年になりそうです。
慢心や怠惰は禁物です。せっかく築いてきた信用を打ち消してしまいます。
メリハリのある生活を心がけ、今後の飛躍のために自制する月にしていきましょう。

四緑木星


好調なスタートが切れそうです。運勢が後押しをしてくれるので、あまり努力することなく物事がスムーズに進んでいくでしょう。
力まずに8割程度の力で、物事を進めていく方がかえって効率的になりそうです。
エンジンをフル回転させるのではなく、余力を余すのが今月を上手に過ごすヒントになります。

五黄土星


本来なら初詣に行って気分一新して新しい年を迎えてほしいところですが、今年は中々難しいかもしれません。
ですので、年末年始の混んでいる時期を避けるか、オンライン初詣等を利用すると、一月は少しのピンチをはねのける強い運勢に守ってもらえます。
少し困難な課題でも気が付けばクリアしているイメージです。
周囲の応援を謙虚な気持ちで受け止めて前進してください。慢心は水を差すのでご用心。

六白金星


本来は人脈形成で大きなプラスになる月になるはずでしたが、普段よりは出歩く機会も少なくチャンスは潰えてしまうように感じるかもしれません。
逆に大切な縁やつながりが形成されると考えると良いでしょう。
量より質の発想です。また、行動も慎重に進めていく方が賢明でしょう。
今年はチャンスが多い月なので焦らずに!

七赤金星


モチベーションの維持や、気持ちの張りが少し切れ始めるかもしれません。
油断が生じやすい月になりそうなので、くれぐれもご用心。逆に焦りも禁物です。
出来るだけ自然体で1月を乗り越えていきましょう。
何となく一月が過ぎていく位の気持ちの余裕があればベストです。可もなく不可もなくでOKな月です。

八白土星


比較的穏やかで心安らぐ新年を迎えられそうです。この時期に心身ともにリフレッシュして次の行動に備えましょう。
出来るだけ個人行動を優先させてください。今まで背負ってきた荷物を降ろして気軽になってください。
人に振り回されることなく自分のペースで一月を過ごすことが出来れば良い年になるはずです。

九紫火星


環境の変化や周囲の喧騒に巻き込まれて、自分のリズムを崩してしまわないように注意が必要です。情報や人の言動に振り回されない冷静さが必要になります。
自分の軸がブレてしまい目標がわからなくなることも。相談や人を頼りにするのではなく自分で冷静な判断が出来るように心がけてください。

おわりに


いかがでしたか?駆け足で1月の運勢を書いてみました。
今年は特別な年明けになりそうですがピンチをチャンスに変えていきましょう。
(占い師/護明)

The post first appeared on .

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ