北海道 暴風や大雪の恐れ 厳しい冷え込みにも警戒

日直予報士

北海道付近は上空に強い寒気が流れ込んでいます。31日に気圧の谷が通過した後は冬型の気圧配置が強まるでしょう。寒気の程度によっては1日にかけて日本海側では大荒れの天気となる恐れがあります。また、31日朝は内陸を中心に厳しい寒さとなるでしょう。

●暴風や大雪、高波に警戒 大荒れの天気の恐れ

暴風
日本海側の沿岸や峠付近、開けた地域など風が吹き抜ける地域を中心に、道内は風に向かって歩くことが困難になり、車もまっすぐ走れなくなるほどの風が吹き荒れる恐れがあります。
雪を伴い、さらに路肩などに積もっている雪も風に巻き上げられることで、見通しが全くきかない猛ふぶきとなる可能性があります。交通関係は注意、警戒が必要です。
大雪
日によって大雪となる地域が変わるでしょう。
31日日中にかけては気圧の谷の影響で午前中は後志や道南方面が、午後は道央が雪の中心となります。31日夕方までの24時間に降る雪の量は、多い所で後志地方で50センチ、石狩や空知、渡島、檜山地方で30センチから40センチに達する見込みです。
31日夜から1日にかけては北海道付近は冬型の気圧配置に変わります。大雪は道北へも広がります。1日午後6時までの24時間に、道央や道北の多い所で30センチから50センチに達するでしょう。大きな吹きだまりなどではさらに積雪量が多くなる恐れがあります。
高波
風の強まりとともに、沿岸には高波が打ち寄せるでしょう。
日本海側やオホーツク海側では波の高さが4メートルから5メートルとしける海域が多く、道北や道東ではうねりを伴います。沿岸を走る道路では路面に波が被る恐れもあります。
今後とも気象台などから発表される注意報や警報、気象情報や、交通機関の運行状況などに十分留意して下さい。

●31日朝は厳しい冷え込み ダイヤモンドダストも?

31日朝にかけては冷え込みが強まります。
上空に入る強い寒気の影響に加え、とくに一旦風が弱まり晴れる上川や空知地方では強い放射冷却現象も加わり、厳しい冷え込みとなります。最低気温は冷凍庫よりさらに低い氷点下20度を下回る所が多く、上川北部や、北空知地方では局地的には氷点下30度近くまで下がる可能性があります。
早朝の日差しの下ではダイヤモンドダスト(細氷現象)が見られるかもしれません。
札幌中心部でも、12月としては2012年以来8年ぶりに氷点下10度以下となるでしょう。
全道的に日中も気温の上昇は鈍く、外出の際は万全な防寒対策を心がけて下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ