滝沢カレン「誰も笑ってなかった」今年最も反省した出来事を明かす

E-TALENTBANK


12月29日、日本テレビ系『超特大!さんま御殿!!豪華芸能人&今年の顔が大忘年会SP』に滝沢カレンが出演した。

【別の記事】「裏道連れてかれて…」滝沢カレン、元カレの“厳しすぎる”行動明かすも「それが恋愛だと…」

番組では、滝沢が“今年最も反省していること”として、「今年コントを書いたんですよね」と切り出す場面があった。なお、滝沢は、10分程度のコントを2本書き、NHKで放送されたくりぃむしちゅー・有田哲平の番組で披露したという。

滝沢は、「すごく私は自信作、お正月の2週間を全部もってかれたし、その後の1ヶ月も全部もってったから」「書きながらもずっと笑っちゃってたし」などと話し、内容には自信があったと説明。

しかし、自身が書いたコントを出演芸人が行った時の実際の様子については「私もう、大爆笑だったんです。最初から最後まで1人だけ声千切れるほど笑ったんですけど、自分の声でずっと聞こえてなかったんですけど、誰も笑ってなかったです」と明かして、スタジオは笑いに包まれた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ