岡田准一 VS 堤真一、緊迫の対面シーンを解禁 映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』から新場面写真を公開 

SPICE


2021年2月5日(金)公開の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』から、キャストの堤真一の姿を捉えた場面写真が解禁された。

『ザ・ファブル』は、『週刊ヤングマガジン』連載で連載されていた南勝久氏による同名漫画を岡田准一主演で実写映画化した作品。ひょんなことから大阪で一般人として生活することになった伝説の殺し屋“ファブル”の日常生活を描いた物語で、シリーズ第一弾の実写映画『ザ・ファブル』は、2019年6⽉21⽇(⾦)に劇場公開された。


シリーズ第二弾の『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』では、ファブル/アキラが、ボスからの命令「誰も殺すな。普通に暮らせ」を守りながら、相棒のヨウコと兄妹のフリをしながら平和な毎⽇を過ごしていたところに、新たな危険人物が現れ、街全体を巻き込む騒動に発展していく。前作に引き続き、主人公のアキラ/ファブルを岡⽥准⼀が演じるほか、ファブルの妹として⼀般社会に潜⼊する相棒・ヨウコ役で⽊村⽂乃、ファブルをプロの殺し屋に育てたボス役で佐藤浩市、アキラのバイト先のデザイン会社社⻑・⽥⾼⽥役で佐藤⼆朗、バイト仲間で親の借⾦返済のために働くミサキ役で⼭本美⽉、裏社会の組織でファブルの世話⼈を請け負う真⿊カンパニー社⻑・海⽼原役で安⽥顕、海⽼原の部下でファブルを慕うクロ役で井之脇海ら前作からのキャストが再集結している。さらに、ファブルから唯⼀逃げ切った男・宇津帆役で堤真⼀が登場。新ヒロイン・ヒナコ役で平⼿友梨奈、宇津帆の右腕の凄腕殺し屋・鈴⽊役で安藤政信も参戦。前作に引き続き、江口カン監督がメガホンをとり、アクション監督を『牙狼-GARO-』の横山誠氏が務めている。
(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会
(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会
(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会
(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

解禁された新場面写真のうち一点では、宇津帆がアキラのバイト先に発注したチラシを受け取る、緊迫したシーンを切り取ったもの。宇津帆は、かつてファブルの標的になりながら唯一逃げ切った人物。ファブルに弟を殺されたことで復讐に燃える、因縁浅からぬ敵だ。何も知らずにチラシを届けにきたアキラと宇津帆は、思わぬ形で直接対面する。
(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会
(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

岡田と堤は、映画『フライ, ダディ, フライ』や、ドラマ・映画『SP』シリーズ、映画『海賊とよばれた男』などで共演してきた。そんな堤について、岡田は「キャリアの節目になる作品でご一緒させていただいてきた堤真一さんにご出演いただけたことにご縁を感じる」とコメント。一方の堤は、岡田に「師範になられてましたね(笑)」と触れつつ、「今回もそうですが、共演の度に岡田君のおかげでいろいろな役に出会わせてもらってる気がします」と明かしている。さらに、自身の役柄については、「ここまで振り切った悪党の役をやったことは無かったので、これは自分にとって大きな挑戦になる」と語っているという。今や、自らアクションの振付を手がける岡田と、JAC出身の堤。果たして、ふたりは劇中でどんな対決を繰り広げるのか。

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は2月5日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ