モンベルのアプローチシューズのおかげで冬の道も怖くない! 登山やキャンプ、普段履きにも使えちゃう1足だよ|マイ定番スタイル

roomie

日中は太陽が顔を出すタイミングが増え、大寒波でドカッと降った雪も少しずつ溶け始めました。

今はアスファルトは濡れていて、ところどころに雪が残っている状況なのですが。

実はこのタイミングの路面ってとても滑りやすくて、普通のスニーカーで歩くのはちょっと怖かったりするんですよね。

マルチに活躍する一足
mont-bell(モンベル) クラッグステッパー Women's 17,050円(税込)

そんな冬の道を安全に歩くために私が選んだのがこのアイテムです。

アプローチシューズと呼ばれる種類のシューズになります



表面は耐久性があり、摩擦にも強いスエードレザーが使われています

タフな見た目ながらも、履き心地はとても良いですね。

私服に合わせやすいカラーと、デザインも気に入っているポイントです!

src="https://m.media-amazon.com/images/I/41i1vHwoGuL.jpg" alt="[キーン] スニーカー JASPER(現行モデル) レディース SILVER MINK 23.5 cm">

[キーン] スニーカー JASPER(現行モデル) レディース SILVER MINK 23.5 cm
¥11,800 target="_blank">Amazonで見てみる

アプローチシューズとは


アプローチシューズとは、クライマーが岩場まで行くために履くシューズのこと

登山靴とスニーカーの良い所を組み合わせた立ち位置なので、登山やキャンプ・日常使いにもできる万能シューズとも呼べます。



アプローチシューズの特徴の1つが、フラットソール。

地面との接地面が多いので、足裏全体で地面を捉える感覚を味わえますよ。

防水機能付き


ゴアテックス機能も搭載

雪が付いてもシューズ内は濡れないので、足の冷えを感じさせません。

レインシューズとしても活躍してくれます。

モンベル自慢のソール


モンベル独自のトレールグリッパーソールのおかげで、雪の積もった道や濡れたアスファルトの上でも安定したグリップ力を発揮します。

普通のスニーカーでは怖かった道も、クラッグステッパーなら安心です。



しかし、アイスバーンになった路面には注意が必要です

クラッグステッパーでもアイスバーンの上ではグリップ力が弱くなるので、冬の道はあせらずに、ゆっくりと歩くのが鉄則ですよ!

くるぶし部分からの水や雪の侵入に注意


ローカットモデルのみの展開なので、くるぶしから雪や水が侵入しやすいです。

本格的に積雪の多い場面では、長靴やスノーブーツ、雪が溶けて路面が見えてきた時にはクラッグステッパーと使い分ける方がいいかも。

足元は大切に


冬の道は毎日状況が変わるもの。

転倒や怪我を防ぐためにも、足元は特に気を遣っていきたいですよね

様々な状況や環境でも安心して使えるシューズをお探しの方は、モンベルのクラッグステッパーをぜひチェックしてみて下さい

mont-bell(モンベル) クラッグステッパー Women's

mont-bell(モンベル) クラッグステッパー Men's

src="https://m.media-amazon.com/images/I/41i1vHwoGuL.jpg" alt="[キーン] スニーカー JASPER(現行モデル) レディース SILVER MINK 23.5 cm">

[キーン] スニーカー JASPER(現行モデル) レディース SILVER MINK 23.5 cm
¥11,800 target="_blank">Amazonで見てみる

あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/12/683880/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/12/684173/"]

当記事はroomieの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ