洗濯槽のオキシ漬けを大掃除のメニューに。本体や床もついできれいに

日刊Sumai

洗濯槽を掃除する
汚れに気付きにくい洗濯槽は、常にきれいにしておきたい場所のひとつ。オキシクリーンで洗濯槽を掃除をしてみましょう。汚れがどんどん浮き上がってくるのがわかって、達成感が得られます。掃除後はイヤなニオイもなくなり、気持ちよく洗濯機を使えるように。
大掃除のメニューにも入れているという日刊住まいライターが、オキシクリーンを使った洗濯槽のお手入れ法を紹介します。
オキシクリーンはお湯でしっかりと溶かすのが基本
グラフィコのオキシクリーンに付いていたガイドブック
こちらは、グラフィコのオキシクリーンに同封されていたガイドブックです。オキシクリーンを使った場所別の掃除法や適切な分量などが分かりやすくまとめられているので、とても重宝しています。こちらを参考にした洗濯槽の掃除法をご紹介します。
バケツにオキシクリーンを入れる
オキシクリーンは、40~60℃のお湯でしっかりと溶かして使うのが基本なので、まずはオキシクリーン溶液をつくります。オキシクリーンEXの場合は、付属スプーンが大きいのでライン4で4杯のオキシクリーンを入れます。オキシクリーンを溶かす際は、割りばしのような混ぜる棒があると便利です。
オキシ漬け中、数分運転してから一時停止すると汚れが取れやすい
洗濯機のくず取りフィルターなどをつけおきする
洗濯機のくず取りフィルターや洗剤ケースは先に取り外しておき、軽く水洗いしておきます。カビや汚れが気になる時は、オキシクリーン溶液につけおきします。
洗濯機に40度~50℃のお湯をためる
筆者の家では浴室のシャワーが洗濯機まで届くので、オキシクリーン溶液をつくっている間に洗濯機に40~50℃のお湯をためます。
オキシクリーン溶液を洗濯槽に入れ満水になるまで水をためる
先ほどつくったオキシクリーン溶液を洗濯槽に入れ、満水になるまでお湯をためます。洗濯機を数分間運転した後、しばらくオキシ漬けします。今回は3時間ほどおきました。
くず取りネットを使い浮いてきた汚れを取り除く
オキシ漬けしている間、水面に汚れが浮いてきたら、その都度くず取りネットを使って汚れを取り除きます。通常コースで数分運転してから一時停止、を何度か繰り返すと、汚れが浮き出てきて取り除きやすくなります。
洗濯槽の底に残った汚れ
オキシ漬けの後は通常コースで運転してすすぎます。運転終了後の洗濯槽の底には、写真のように取りきれなかった汚れが残ることがあるので、ウエスやテイッシュペーパーなどで取り除きます。その後、くず取りフィルターを付けて何度かすすぎを繰り返し、汚れが出なくなれば終了です。
洗濯槽を掃除している間に本体や床もきれいに
洗濯機本体を掃除する
洗濯槽掃除の際は、ついでに洗濯機本体の掃除もしてしまいます。洗濯機は細かい隙間が多いので、綿棒などを使って汚れをかき出します。
洗濯機の下を掃除する
また、洗濯機の下はびっくりするほどホコリや汚れがたまっています。洗濯機の下にホコリがたまるのがイヤで、わが家ではキャスター付きの洗濯機台を使っています。
キャスター付きの洗濯機台
重い洗濯機を載せたままでも簡単に動かせるので、洗濯槽掃除のタイミングで移動して、床や洗濯機の裏の拭き掃除をしています。
つい後回しにしがちな洗濯槽の掃除は、ぜひ大掃除のメニューに加えて、洗濯機の中も、洗濯周りもまとめてきれいにしてみてはいかがでしょうか。
※材質によっては変色する可能性があるので、取扱説明書を確認してからお使いください

当記事は日刊Sumaiの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ