婚期を遅らせているかも!? 婚活女子が言ってはいけないNGワード3つ

yummy!


婚期を遅らせているかも!? 婚活女子が言ってはいけないNGワード3つ

絶対に結婚したい!そう焦っている女性も多いでしょう。しかし「急がば回れ」と言う言葉があるように、どんなに急いでいようとも、冷静かつ慎重になって行動をしていくことが大切です。ここでは婚活女子のNGワードを紹介するので、つい口走っていないかチェックしてくださいね。

目次

1.「誰か良い人を紹介して」


結婚への焦りというのは、自分では気付かないうちにオーラとして醸し出していることがあります。これが余計に結婚から遠ざかってしまう原因となっている場合も少なくないでしょう。自分では焦っているつもりはなくても、周囲がどんどん結婚をするようになると潜在意識の中で焦りが出てきてしまうもの。言わなくてもいいようなことを口走ってしまったりと悪循環に陥ってしまう可能性もあるのです。
結婚というのは相手ありきのことです。相手がいなければ、そもそも恋愛すら始まりません。そんな時、男性女性関係なく良く口にする言葉が「誰かいい人紹介して」「誰かいい人いたらよろしく」というものでしょう。しかし、この言葉はNGワード。社交辞令的というか、あいさつ代わりに言っている方も多いと思います。しかし、この一言が自分自身の中身が軽いという印象を与えてしまうことも。社交辞令だったとしても、この言葉を軽率に口にすることがないようにした方が良いでしょう。

2.「結婚を前提として」


また一定の年齢にもなれば、結婚を前提としてのお付き合いをしたいと思う方も多いでしょう。でも「結婚を前提に」と相手に行ってしまえば、プレッシャーを与えてしまうこともあるので注意が必要です。初めて会った人はもちろん、まだ相手の性格などもわからないうちに「結婚を前提としたお付き合いでなくては付き合えない」などと言わないようにしましょう。どちらかと言えば女性は、結婚という言葉を口にする事ができなくなる年齢があります。そのため言葉にせずとも、結婚が見えないような人とのお付き合いもおススメできません。

3.「結婚したら、仕事を辞める」


「結婚したら、仕事は絶対にやめる」などと男性に言ってはいませんか?最近は、専業主婦になりたいと願う若い女性も増加傾向のようです。しかし仕事を辞めたいから、結婚したいという印象を相手に与えてしまうことも。女性からすれば、結婚をして家庭を守りたいという想いから口に出した言葉と思うかもしれません。しかし、すべての男性が受け入れられる言葉ではないということも念頭に置いておきましょう。

おわりに


何気なしに出てきた言葉でも、聞く側にとっては「ん⁈」と思ってしまうことがあります。言いかけてしまっても、そこはぐっと飲み込んだほうが利口です。婚活中だからこそ口を滑らせて、チャンスを棒に振ることだけは避けてくださいね。
(yummy!編集部)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ