私の何がダメなのかわからん…「恋愛対象にならない」理由って?

ハウコレ



男友達も多いし、周りには恵まれているほうだけど、なぜか恋愛になると上手くいかないという人もいるでしょう。飲み会ではしっかり盛り上げているのに「面白いね!」で終わるパターンです。

気付いたら、「私よりもしゃべってない子がモテてる!」なんてこともあるでしょう。

今回は、いつも面白いと言われるだけで終わってしまい、恋愛対象にならない人に向けて恋愛に発展しない理由について紹介します。

■盛り上げ役に徹してしまう
飲み会に行ったり、合コンに行ったりしたときに、盛り上げ役になっていませんか?そこで「恋愛をしよう!」という気持ちよりも「盛り上げよう!」という気持ちのほうが強くなっているのでしょう。

盛り上げ役になると、恋愛よりも同志として見られてしまいます。確かに、「この人がいて良かった……」と思われる傾向にありますが、それはその場だけです。

その後はみんなそれぞれで恋愛をしていくため、飲み会でいてほしいタイプにしかなれなくなるのです。

■いじられすぎてしまう
面白いで終わるタイプの人は、いじられるのに慣れています。気付いたら、かなりいじられるようになり、恋愛対象にはなれなくなっているのです。

いじられキャラでも、愛されキャラになれたらいいのですが、面白いタイプの人は面白いキャラ止まりになってしまうでしょう。

「何を言ってもいいんだ!」と思われるので、女性と接するときの遠慮などを男性が失いがちにもなるのです。

■一緒にいて楽だと思われる
面白い人は、一緒にいると笑いがあって本当に楽しいのですがときめきがありません。ただ「この人といると緊張しなくて楽だな。」と思われるだけです。

よって、男友達が多くなるのです。恋愛に大事なときめきがないというのは、恋愛に発展しない大きな理由になるでしょう。

変な意味で楽さを相手に与えてしまうと、クセになるため、どんな人に出会っても「楽。」と思われて終わってしまうのです。

■弱さが見えない


面白い人は、明るくて元気でいつも笑っています。そういう自分でいなければいけないとも思っているでしょう。しかし、それが恋愛対象から外れてしまう原因です。

いつも元気なので、弱さが見えないのです。弱さが見えれば、女性らしさがあったり、守ってあげたいという気持ちを相手に与えたりすることができるでしょう。

恋愛対象にしてほしいと思った男性の前だけでは、弱さを見せてもいいですよ!そうすると相手も特別感を得られるため恋愛に発展する可能性が高くなります。

■面白いにプラスして女性らしさを見せよう!
面白いで終わる女性は、人気者になれるという魅力を持っています。友達で止まらないように、そこに女性らしさをプラスさせて恋愛対象になる自分になりましょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ