<紅白歌合戦>櫻坂46センター・森田ひかるが抱負「勇気・力強さ・櫻坂らしさを伝えられるパフォーマンスを」

クランクイン!

 アイドルグループ・櫻坂46が、29日、大みそかに放送される『第71回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加。リハーサル後に囲み取材を行った。昨年まで欅坂46として紅白に4回出場。改名後にリリースした初シングル曲「Nobody’s fault」で、櫻坂46として初出場する。

今年10月13日に行われた無観客ライブ「THE LAST LIVE」で5年間の活動に幕を閉じた欅坂46。その後、櫻坂46に改名をして再始動し、今月初シングル曲「Nobody’s fault」をリリース。

紅白本番では同曲を披露するが、センターを務める森田ひかるは、リハ後の囲み取材で、「今回は、無観客での初めての紅白ということで、少し寂しい気持ちもありますが、無観客だからこそお届けできるものとか、幅とかも広がるので、そういうものを私たちも取り入れて、大みそか、見てくれている皆様に、勇気とか、力強さとか、櫻坂らしさを伝えられるパフォーマンスをしたいと改めて思いました」と抱負を語った。

今年の紅白は、「今こそ歌おう みんなでエール」をテーマ。総合司会を4年連続となるお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサーが担当。紅組司会を二階堂ふみ、白組司会を大泉洋が務め、史上初の無観客で開催される。

『第71回NHK紅白歌合戦』はNHK総合、BS4K、BS8K、ラジオ第1にて12月31日19時30分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ