「本当にこんな女いるんだ……」性格悪すぎ女エピソード

yummy!


「本当にこんな女いるんだ……」性格悪すぎ女エピソード

元風俗嬢の天照メイです!
物語には必ず悪役が出てくるように、アナタの人生にも「本当にこんな女居るんだ……」と思わず口にしてしまうような性悪女と遭遇したことはありませんか?
今回は、性格悪すぎ女のエピソードを集めてきました!

目次

狙っていた男を横取りされた!


私は、友達のKに紹介されて知り合った男性のT君とデートを重ねていき、徐々に会う回数も増えて、付き合うのも目前の雰囲気になってきました。
そのタイミングでKの提案により、私の友達とK、T君とT君の友人合計5人で会うことになりました。
お酒がなくなったので、私の友達と私がお酒を買い出しに行って帰ってくると、KとT君が私の事を話しているのが聞こえてきたので、こっそり聞いてみることにしました。
K「ねぇ、あの子とイイ感じなの?」
T「うん、まぁね。」
K「ふーん。でもさ、私とどっちが魅力的?」
とKがT君に色仕掛けをし始めたのです。
そのまましばらく見ていると、KがT君にすり寄って「ねぇ、どっち?」とゴソゴソし始めました。
そのまま放置するとT君がKの色仕掛けに負けてしまうのを察したので、お酒の入った袋をカサカサさせて2人のイチャイチャを中断させて部屋に戻りました。
何ともなかったような表情の2人に腹が立ち、その後すぐに帰ることにしました。
もちろんそれからT君とは会わなくなりました。
Kは私にT君を紹介しておきながら何故T君に色仕掛けしたのか、全く意味がわかりませんでした。
性悪女は、人のモノが欲しくなっちゃうんですかね?

八方美人の裏の顔


職場のアイドルのような存在であるMさんは、上司からも同僚からも気に入られていて、職場の飲み会では「Mさんが行かないなら行かない」という人までいるくらいの人気っぷりでした。
誰にでも優しいMさんは同性の私から見ても素敵だなと思う存在だったのですが、ある日を境に一気に失望しました。
ある日、取引先からのクレームで社内が険悪なムードになっていて、社員みんながピリピリしていました。
そんな中でも笑顔を絶やさないMさんに「流石だな~」と感心していました。
私が上司に呼び出されて行ってみると、上司がクレームの原因は私だと言うのです。
身に覚えのない私はパニックになり咄嗟に謝ってしまいましたが、絶対自分ではないことを確信していました。
よくよく調べると、そのミスの犯人はMさんだったのです。
Mさんは、朝一のお茶を出しのタイミングで上司にクレームの原因は私だというデマを流しており、上司はそのまま信じてしまったようです。
しかし、社内でアイドル的存在だったMさんへの信頼は厚く、私が悪者扱いされたまま事が済まされてしまいました。
不幸中の幸いにも周りの同僚は私がしたのではないと信じてくれ、同時に『アンチM』が結成されました。(笑)

指名客が欲しい女


これは筆者が風俗嬢時代に体験した話です。
指名客を少しずつ増やしていった私は、毎月少しずつ上がっていく自分の指名ランキングが発表される日が嬉しく楽しみになっていました。
それを見ていたとき同期のA子が、何を思ったのかは分かりませんが、ついたお客様に私の悪い噂を流していたのです。
ある日のこと、指名のお客様に「あのね、前にA子ちゃんと遊んだ時に、メイちゃんは本番行為して指名取ってるって言ってて本当なの?」と聞かれたので「え?私、アナタとしたことあった?」と返し「うん~ないね~(笑)」とお客様の誤解を解いていきました。
しばらくの間、その子のお陰で本番目的のお客様の来店が続きましたが、逆に忙しくなりました。(笑)
その子は、私が忙しくなっているのは自分のデマ攻撃だと気がついたのか、忘れた頃には本番目的のお客様は居なくなっていました。
人を蹴落としてまで上がりたい人って本当にいるんだなと思いました。

性悪女と出会ったら


あまり関わりたくない性悪女と遭遇してしまったら、感情的にならないことです。そんな時にアナタにとって最適な選択は、なるべく早く縁を切る事が1番です。
しかし、同じ職場だったり一緒になる事が多い環境なら縁を切るのは難しいですよね。
そんな時の対処法としては、性悪女に対しての意識を断ち切る事がオススメですが、難しくて出来ないと感じる方がほとんどでしょう。
無視する事ができない人やその人の名前を聞くだけでも感情が乱れる人は、その人のことを『私のマレフィセント』と名付けて、何かある度に「私のマレフィセント、私を成長させてくれてありがとう!」と心の中で呟きましょう。
不思議と繰り返して行っていると、その人に対して何も思わなくなりトラブルも軽減していきますよ!
(天照メイ/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ