お世辞が苦手!正直な性格がネックに…「褒め上手」になる方法って?

ハウコレ



お世辞がどうしても苦手で思ったことを言ってしまうあなたは、恋愛でも損をすることが多いでしょう。恋愛では、相手を褒めたほうが上手くいくことが多いため、正直な性格がネックになることもあります。

「悪い子じゃないけど……」とか「友達のままで……」と言われてしまうことも何度もあったのではないでしょうか。

少しでも褒め上手になって恋愛がうまくいくようになるのはどうしたらいいのかについて紹介しますね!

■本当にいいと思うところを見つけて褒める
お世辞が言えないタイプの人は、思ってもいないのに「かっこいい。」なんて絶対に言えないでしょう。しかし、人には必ず素敵なところがあります。

目の前にいる人のことをしっかりと観察してください。例えば、「その靴かっこいいね!」「そのネクタイおしゃれでセンスがいいね!」などでもいいのです。

その人の中で本当にいいと思えるところを見つけて、それを口に出して褒めましょう。嘘はついていないので、自分に正直なあなたでも相手をしっかりと褒めることができますよ。

■批判的なことは口にしない
好きな男性と一緒にいるときは、特に批判的なことは口にしないでください。例えば、「あそこにいるあの人ってなんか変だよね。」などの人の悪口は言ってはいけません。

また、好きな男性が「俺これ好きなんだ」と何かを紹介してきたときに、あなたの好みでなかったとしても「えー。私は嫌い。」と批判するのはやめましょう。

こういうときは、「どういうところが好きなの?」と話を展開していき、すごいと思った場所で「そうなんだ!すごい!」と褒めるのがおすすめです。

■褒め言葉をいくつか持っておく
相手を褒めたほうがいいときに、嘘がつけなくて褒めれない場合は「すごいね!」「さすが!」という言葉を使うといいでしょう。

「〇〇ですごいね。」などのように具体的に褒めるのではなく、なんとなく感覚的に褒めておけばいいのです。そのために使える言葉をいくつか持っておきましょう。

褒められると相手はあなたに対していい印象を持ち、あなたを恋愛対象として見てくれる可能性もありますよ。

■人が褒めているときにうなづく


お世辞が言えない人は、どうしても嘘がつけないため、人が褒めていることに対して「そうだね!」「うん、うん」とうなづくようにしてください。

これは、自分の意見を言っているのではなく、ただ人の意見に便乗しているだけです。しかし、それでも周りから見ると、あなたまで褒め上手に見えるため評判は決して悪くならないでしょう。

また、人の意見が聞ける人にも見えるので、異性からの評価もグンッと上がります。

■お世辞が言えなくても褒めるテクニックを覚えよう!
お世辞が言えないタイプの人は、恋愛で苦労することが多いでしょう。

しかし、お世辞が言えなくても本心で相手を褒めるテクニックを身につけることができます。相手をいい気分にさせて恋愛を成功させましょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ