アニメーション映画『ソウルフル・ワールド』ディズニープラスで配信&オリジナル・サウンドトラック発売中~音楽を手掛けたジョン・バティステにインタビュー

SPICE



映画『ソウルフル・ワールド』が2020年12月25日にディズニープラスで配信スタートとなった。物語の主人公は、ニューヨークに住むジャズ・ミュージシャンを夢見る音楽教師。ある日、憧れ続けたジャズ・クラブで演奏するチャンスが教え子を介して舞い込んでくる。有頂天になるジョーだが、その直後、不運のアクシデントが襲う。

ここまではなんとなく想像がつくけれど、この後、ジョーが送り込まれた世界で、人間の魂<ソウル>が生まれる前に、つまりは地上に送り込まれる前に、音楽や文学、化学、スポーツなどさまざまなことのチャレンジするなかで、どんな特技を持ち、どんな性格で、今後どんなことに興味を抱くようになるのか、それをセミナーで決める様子を目撃することになる。

人間の聖域というか、神秘の世界に楽しく迫るアニメーション映画は、ピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーのピート・ドクター、監督として『カールじいさんの空飛ぶ家』と『インサイド・ヘッド』で2度アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した彼が構想から23年の歳月をかけて製作した意欲作だ。しかもピクサー初の黒人主演の映画になる。

【動画】『ソウルフル・ワールド』|本予告編

そんな作品の音楽を2組のチームが手懸けた。まず1組は、トレント・レズナーとアッティカス・ロス。映画『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞作曲賞を受賞したチームで、彼らは、生まれる前のソウルの世界の音楽を担当。もう1組は、ジョン・バティステで、彼は、地上の世界の音楽であるジャズを作曲し、彼が主宰するバンド、ステイ・ヒューマンらと共に演奏を担っている。

そのジョン・バティステにZoomでインタビューした。

アメリカ南部ニューオリンズの音楽一家に生まれたジョンは、親族で音楽を演奏する環境で育ち、ニューヨークの名門校、ジュリアード音楽院でピアノを学び、ソロでは2018年にアルバム『ハリウッド・アフリカンズ』でメジャーデビュー。日本での知名度はまだ低いけれど、スティーヴィー・ワンダーやハービー・ハンコックといった大物からも評価される一方で、ポロ・ラルフローレン・ブラックレーベルやH&M、ケイト・スペードなどの広告キャンペーンに起用されるなど、ファッション・アイコンとしても注目されている。

そんな彼にいろいろ聞きたいところだが、限られた時間のなかで、映画『ソウルフル・ワールド』の音楽について語ってもらった。
ジョン・バティステ (Photo:Rambo)
ジョン・バティステ (Photo:Rambo)

――初めてアニメーション映画の音楽を手懸けたと聞いています。今回引き受けた理由は、どこにありますか?

まずはピクサーという製作会社が大好きだということ。ピクサーの作品にはいつもソウルと深みがあると思っているんだ。彼らの理念というのはこれまたすごくて、全世代、全文化をひとつにする作品を作るということ。そして、その作品を全人類に向けて発信している点に、僕自身がとても共感している。そこが『ソウルフル・ワールド』の音楽を引き受けた理由なんだよね。

――引き受けた時点で、まだ映画は製作中だったとか。監督とはどのような話し合いを重ねて、サウンドトラックに収録されている音楽を作曲していったのでしょうか。

まずドクター監督からこういう作品にしたいという大枠の構想、アイディアを聞かせてもらったんだ。それから、もっと具体的にどんなことを観客に感じてもらいたいか、どういう音が欲しいのか、という話し合いを重ねた。また、劇中でどんなことが起こるのか。そこで2つの世界、地上と生まれる前のソウルの世界が存在することを知った。それからすぐに作曲の作業に取り掛かった。最終的に映画で使われなくてもいいという前提で、どんなメロディーにするか、どんなコード進行で聴かせるか、というアイディアをとにかくいろいろ考えていったんだ。

――そのなかで、お父さんとの思い出や、音楽が2人の絆を深めたことなど、父親のマイケルさんとの関係が作曲のインスピレーションになったと聞いていますが……。

これまで多くの人達が音楽のメンターとして、僕を導いてくれたけれど、人生最初のメンターになってくれたのが父さんだった。僕の家族は、全員が音楽に関わっていて、親族と結成したグループでツアーをし、世界各地で演奏をする、という環境で僕は育った。ジュリアード音楽院に入学した際に家族とは離れたわけだけれど、その後はジャズだったら、カサンドラ・ウィルソンやウィントン・マルサリス、ロックだったら、プリンスやレニー・クラヴィッツ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズといった人達との仕事を通して、多くのことを学び、彼らから音楽のインスピレーションをいっぱいもらった。そういった日々を振り返りながら、同時にミュージシャンとして成功したいと願うジョーの気持ちが曲作りのインスピレーションとなっていったんだよね。

――その作曲にあたり、監督のピートから「ジャズを聴いている人なら誰でも、ファンじゃなくても、初めて聴く人でも、自分が入り込めると思えるような曲を書いて欲しい」と言われた時に、自分がずっとやりたかったことだと言ったそうですが、それはどういう理由からですか。

自分としてはきっと聴いたら好きになるだろうに、まだ知らないでいる人達に音楽を紹介することにある種の生き甲斐を感じている。普段は、自分が慣れ親しんでいる音楽を聴くことが多いと思うから、きっとロックやポップを好きな人は、ジャズを聴く機会はないんじゃないかな。僕は、ジャズって本当に素晴らしい表現の音楽だと信じている。だからこそ、『ソウルフル・ワールド』に関わることで、何百人、何千人、いやもっと大勢の人達に彼らの世界観、人生観を変えるジャズという音楽と出会って欲しいと思っているんだよね。

――劇中で自作曲のジャズが流れる一方で、エンディングではカーティス・メイフィールドの『イッツ・オールライト』をジャズのアレンジでカヴァーしていますよね。この選曲はご自身で?

監督のピートと共同監督&脚本家のケンプ・パワーズとのミーティングで、ラストシーンにどんな音楽がピッタリか、ということを話し合った。ちょっとメランコリックでありつつ、希望にも満ちている。そんな主人公ジョーの心情を表すのにふさわしい音楽とは……。いろいろアイディアを出し合うなかで、ブラック・ミュージックの伝統を継承しているアーティストがいいだろう、というところで、まずカーティス・メイフィールドの名前が挙がった。彼は、偉大な作詞家、作曲家でもあり、本当にいい楽曲をたくさん持っている。そんな宝庫の中から最終的に『イッツ・オールライト』を選び、ジャズのアレンジで演奏し、僕が歌うことになったんだ。

ジョン・バティステ「イッツ・オールライト」 VEVO (Audio Only)

――さて、最後に映画を観た感想を教えてください。

ワオ~、ワオ~!! 最高の作品さ。美しくて、光や希望、愛に溢れた作品だよね。それから主人公のジョーがジャズ・クラブなどで演奏するシーンがあるんだけれど、あのピアノを弾く指の動きは、実際に僕が演奏したパフォーマンスをアニメーション化しているんだ。それを観た時は、嬉しさと、ショックで、もう口があんぐりとあいてしまった。こんな風にね。(映像をお見せできないのが残念。子供のような純真な表情で、驚きの顔を表現してくれました)。とにかく感動とともに、僕個人としては驚きの連続だった。だから、まだ観ていない人は、絶対に観て欲しい!!

――確かにあのピアノの演奏シーンは、とてもリアルかつ生き生きとした動きで、ジャズを演奏する喜びが伝わってきました。やはりジョンの演奏をもとにしたんですね。楽しいお話をありがとうございました。

映画『ソウルフル・ワールド』のサウンドトラックには2つの世界の音楽がたっぷり45曲も収録されている。エレクトリック・サウンドを駆使したトレント・レズナーとアッティカス・ロスの音楽は、かわいい浮遊感があり、イマジネイティヴで、ソウルの世界を旅している気分にしてくれる。ぜひ映画と共にお楽しみいただきたい。

取材・文=服部のり子

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ