2021年「占い本」オススメ5選!年末から大転換期がやってくる!?

ウレぴあ総研

激動だった2020年も、もうじき終わります。2021年は、いったいどのような年になるのか、気になっている方は多いと思います。

今回は、この時期に多数発売される占い本を紹介します。自分の運勢を見るのもよいですが、日本の今後を読み物としても楽しめるものをピックアップしましたので、ぜひ年末年始にお楽しみください。

■『3年の星占い2021-2023』石井ゆかり

物語性豊かな肯定的な星占いで、人気の高い石井ゆかりさん。毎年発売される『星栞』(幻冬舎)もありますが、今回は3年に一度発売される、こちらをご紹介します。

200年以上続いた土の時代が終わり、風の時代が始まる2021年。特に2020年12月のグレートコンジャンクションという現象が、星占い的には大きな転換期となるそうです。

もちろん3年の全体像だけではなく、1年ごとの運勢やテーマ別の運勢も書かれています。さらに、10年後、20年後までの長期的な流れも見渡せるようになっているのです。

筆者のように、占いをもとに人生の長期計画を立てている方には、手放せない一冊といえますね。

■『ゲッターズ飯田の五星三心占い2021完全版』

生年月日をもとにした昔からある東洋の占星術・四柱推命を、アレンジしていると思われます。かつてブームを起こした天中殺なども同様で、四柱推命的な占いは多数あります。

これらの占いのいくつかはマイナス面をピックアップしているものが多いのですが、こちらはプラス面の要素が強く前向きになれるのでオススメしたいです。

基本的には、人生は12年周期、そのなかで特に落ち込む年回りがあるという教えです。12年周期というのは、星占いや干支占いも同じで、タイプも12に分かれますので、これは占いにおいてポピュラーな考え方なのでしょう。

運勢にはよい時期、悪い時期があるので、心して生活することで、最悪の事態を避けることができるのかもしれません。

■『水晶玉子のオリエンタル占星術幸運を呼ぶ365日メッセージつき開運暦2021』

27タイプに分類されるオリエンタル占星術、そして12星座を組み合わせ、2021年の運勢が324位までランキングされています。またオリエンタル占星術では、毎日の運勢が載っています。

ですが、本書の一番のオススメといえるのは、水晶玉子さんとゲッターズ飯田さんの対談。

少し異なった意見を持つ2人が、2021年の世の中がどうなるかを予測、さらに激動となりそうな1年を、どのように過ごせばよいのかを解説してくれます。

■『2021年 新Dr.コパの風水のバイオリズム』

風水といえば、吉方位や吉日、家具の置き方など、物事を決めるときによく使われます。これは、基本的には日本人におなじみの九星気学に乗っ取ったもので、昔から日本人に親しまれている占いです。

「同じ年に生まれた人は全員同じ運命というのは、何だか変じゃないのか?」ということで筆者自身は長年信じていませんでしたが、たとえば「その年に生まれた人は全員就職氷河期を経験しているなど、なるほど人の運勢は世の中の情勢に密接に関与しているな」と感じてから、なんとなく信じています。

今では、引っ越し時の方位で吉方位を選ぶのはもちろんのこと、ラッキーカラーの手帳やスマホを購入したり、吉日に物事をスタートさせたりと、案外頼りっぱなしです。

■『anan 2020年12月16日号 増刊 スペシャルエディション 2021年前半 あなたの恋と運命 Magazine』

雑誌の星占いの中でも、かなり当たるという噂の『anan』の、年2回発売する占い特集号。

鏡リュウジさんの星占いをはじめ、さまざまな占いが掲載されているほか、世の中全体の流れも読み解いていきます。風の時代をいち早く体験したい方は、是非お読みください。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ