【マッチングアプリ】これは地雷男!女性たちがやりとりをやめた瞬間 #1「隙あらば◯◯しがち」

ウレぴあ総研

マッチングアプリは、不特定多数の異性のなかから出会いを楽しめる便利なツール。気軽に利用できる反面、既婚者や遊び目的の男性が潜伏しているケースもしばしば。

そこで今回は、マッチングアプリを利用している女性たちに聞いた、「地雷男」だと気づいてやりとりをやめた瞬間についての実録エピソードを紹介します。

「マッチングアプリを使って数か月後に、いいなと思う男性とマッチングしました。ルックスも良くて、年収も600万円以上。

家も近いので、申し分ないと思いました。

メッセージ文も大変丁寧で、きちんとした印象の男性だったので、『これは、何がなんでも手放してはいけない!』と最初は思ったのですが、途中でLINEに誘導しようとする、土日は連絡がつかないなど不思議な点が多数見受けられました。

LINEのやり取りを断ったあたりから、少しずつ連絡が来なくなりました。

その男性は家が近いはずなのに、いつも『忙しい』と言って、決して会ってもらえませんでした。

友人に相談すると、土日にすぐ連絡がつかないのは、本命、もしくは既婚者の可能性が高く、そもそも本気で出会いを求めている人なら、すぐに会う約束をするはずだと。

その友人の話を聞いて、だんだん怖くなった私はその男性とのやり取りをやめることにしました」(28歳/銀行員)

マッチングアプリは、基本的にLINE交換が禁じられているものが多いです。

その理由は、マッチングアプリ内でのやり取りなら管理できるのに対し、外に出てしまうとマッチングアプリの会社が管理できなくなってしまい、トラブルが起きやすくなるからです。遊び目的の男性のなかには、すぐにLINEに誘導する人もしばしば。

しかし、会う前にLINE交換をするのは規約違反になるケースが多い上に、トラブルが起きた時にマッチングアプリのお問合せに相談することもできなくなってしまうので、くれぐれもその誘いに乗ってはいけません。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ