「どうしてひょっとこなの」新喜劇・烏川耕一、息子からの手紙が話題に


12月15日(火)、吉本新喜劇・烏川耕一がTwitterを更新。息子からもらった手紙を公開したところ、その内容にファンから反響が寄せられています。

センスをファン絶賛「将来は親子で座員?」


出典: @u_yan124

烏川は「息子から手紙をもらった。」と報告し、手紙を公開。手紙には、“ひょっとこネタ”で知られる烏川に向け、息子から「どうしてひょっとこなの、ピュー」「ひょっとこの気分はどんなの、ピュー」「口ぶえふくとどんな気分になるん、ピュー」と疑問が投げかけられています。

さらに、「ほん当」の“当”にはふりがなが振られており、これに烏川は「ほん当の当は読めるよ」「ふりがな、ありがとう」とコメントしました。

この投稿を見たファンからは「息子めっちゃセンスあるw」「これは舞台でも使えるレベルの手紙ですな~~」「将来は親子で座員?」などと、息子のセンスを絶賛するコメントが寄せられました。

烏川の強烈なクセに爆笑


烏川は以前、吉本新喜劇・新名徹郎の公式YouTubeチャンネル『【吉本新喜劇】にいなチャンネル』にアップされた『【衝撃クセ話!!】烏川さんと初トーク!』に登場。その中で、変わったクセを告白しました。

なんでも烏川には、モノの「角を切る」というクセがあるそうで、なんとその理由は「可哀そうになってくんねん」とのこと。閉所恐怖症のため、四角形を見ると“逃げ道”を作りたくなるそうなのですが……ファンからは「クセの話もサイコーでした。めちゃくちゃ面白かったです」「烏川さんのクセ強い話めっちゃ笑いました」と爆笑する様子のコメントが寄せられていました。

今回、息子からもらった手紙を公開した烏川に対し、ファンから「最高の息子さん!」と絶賛する声も寄せられる投稿となりました。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ