内房・外房・鹿島・水戸線でワンマン運転開始 水戸線はE531系使用

Traicy

E131JR東日本は、2021年3月のダイヤ開催で、内房線、外房線、鹿島線、水戸線で新たにワンマン運転を開始する。

内房線、外房線、鹿島線と成田線成田~佐原駅間では、新型車両E131系を導入する。内房線、外房線、鹿島線ではワンマン運転を行う。成田線ではワンマン運転を行わない。ワンマン運転となる列車では、半自動ドア機能を使用する。

内房線、外房線では、新型車両によるワンマン運転を、内房線木更津~安房鴨川駅間と外房線上総一ノ宮~安房鴨川駅間で行い、日中時間帯を中心に、木更津~安房鴨川~上総一ノ宮駅間で直通運転を行う。

水戸線と常磐線は、水戸線小山~友部駅間と、直通する常磐線友部~水戸~勝田駅間でワンマン運転を行う。ダイヤは大きくは変更しない。車両は東北本線でもワンマン運転を行っているE531系5両編成を使用する。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ