下にみられたくないっ!【彼氏と対等な付き合い】をする4つの方法は?

ハウコレ

「彼氏に見下されたくない……」「彼氏に奴隷みたいにされたくない……」と思いながらも気付いたら必要以上に気を遣ってしまうことがありませんか?そこまで思わなくても「彼氏の機嫌を伺ってしまう……」という人もいるでしょう。

気付いたら彼氏と自分の間に上下関係ができているように感じ、「このままでいいのかな?」と思う気持ちが強くなっていませんか?

今回は、彼氏と対等な付き合いをする方法について紹介します。対等な付き合いで幸せを感じましょう。

■何でも彼氏に合わせすぎない
彼氏のことが好きでも、何でも合わせる必要はありません。彼氏が右と言えば、右に従い、左と言えば左に従っていると自分の意見を言えなくなってしまうでしょう。

彼氏には合わせすぎるのではなく、意見が合わないときは自分の気持ちを伝えるようにしてください。それでケンカになっても話し合って解決すればいいだけです。

思い通りにならないことに怒る彼氏には、あなたがしつけるぐらいの気持ちを持って接したほうが対等な関係になれるでしょう。

■必要以上に彼氏をおだてない
彼氏を褒めることはとても大事です。しかし、必要以上におだててしまうと、彼氏を悪い意味で気分良くさせてしまいます。また、彼氏に気を遣いすぎる状態を作ってしまうでしょう。

褒めるときは褒める、間違っているときは指摘するとメリハリをつけた関係のほうがうまくいきます。おだてないと機嫌が悪くなる彼氏は、面倒くさい一面があると思ってください。

対等に付き合ってくれる彼氏は、必要以上におだてなくてもあなたの気持ちを理解してくれますよ。

■彼氏のわがままをいつも許さない
たまになら、わがままも許せるものです。しかし、毎回許してはいけません。また、おかしいと感じるわがままは最初から許さないことも大事です。

約束していたのに「行く気なくなったからまた今度ね……」とわがままで予定をズラされたり、「これ買って。」とおねだりされたりと要求がエスカレートして対等な付き合いができません。

時には「嫌だよ。」「ダメだよ。」と彼氏の言い分を否定して、お互いが同じ目線に立てるようにしましょう。

■毎回おごってもらわない
おごってくれる彼氏は確かに魅力的です。しかし、毎回おごってもらうことで、なんだか悪い気持ちになりませんか?結果、彼氏と対等になれなくなることもあります。

そのため、「今回は私が!」とランチをおごったり、デザートをおごったりと自分がお金を出すこともしてください。

彼氏に対して、気が引ける部分がなくなり対等な気持ちで付き合いやすくなりますよ。

■対等に付き合える関係を築こう!
彼氏と対等に付き合うことができたら、長続きカップルにもなれるでしょう。今はまだ彼氏のほうが上という人も、付き合いを改善して対等に付き合うようにしてください。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ