遠野千夏、どセクシーなポリスコスチュームで悩殺「逮捕しちゃうぞ」

dwango.jp news


これまで金山睦として活動していたが、9月の事務所を移籍を機に遠野千夏として再スタート。9ヶ月ぶりとなる18枚目のDVD『秘蜜の情事』(イーネット・フロンティア)をリリースし、発売記念イベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。



9月に沖縄県で撮影された今作。「1枚目のDVDが沖縄だったんですよ。それ以来の沖縄でした。私はグラビアをやっている理由の半分は海外に行きたいのがあるんですけど、でも沖縄も遠いところなので、バケーションをしに行った気持ちで楽しんで撮影ができました。国内ですけど、久しぶりの遠出だったので楽しかったです」と振り返った。

内容については、「娘のお受験のために、入りたい学校の理事長を喜ばせようとします。いつもとちょっと違って物々しい、性的に異常なんじゃないかという雰囲気の作品になっています」と説明。どんなシーンがあるのか聞いてみると「いま着ている衣装なんですけど、これ警官なんですよ。私は元婦人警官で、なぜか結婚する前に襲われるんです。その襲った人に恋をして旦那さんになります。危機迫るような激しいシーンになっていて、Sのド変態の方にはもってこいのシーンになっています」と紹介した。

セクシーなシーンは夜のベッドでパールをゴージャスに沢山首から下げた、ピンクの変形下着のシーンを選んだ遠野。「氷を這わせたり、目隠しをしているんですけど、ここも激しく攻められまくっています。私自身がドMなので、楽しくやらせていただきました。ここでは素の自分がたくさん出てきています」とアピールした。

常に大胆でセクシーなシーンを見せてくれる遠野だが、DVDでどうしてもやってみたいことがあるそうで、「社会派DVDをやりたいってずっと言っているんですけど、なかなか実現しないですね。例えばゴミ問題を訴える女の子という設定で、私がゴミで作った水着を着て、ゴミの中でうずめられたりしたいです。温暖化についてとかそういうテーマの中でのグラビアをやりたいですね。その前に私が社会的な問題について勉強不足なので、しっかり勉強していつかやってみたいです」とアピールした。

今年1年、「みなさんそう思うかもしれませんけど、一瞬で終わってしまった感じですね。ホントあっという間でした。でもその間でもお洋服をデザインして発売できたりとか、お家でお料理とかいろんなことにチャレンジできたので、新たな発見もあった1年でした」と振り返った。

来年の目標については、「YouTubeをやってみたいんです。ファッション系の番組をやりたいですね。この前ラジオでタイトルの相談をしたんですよ。「東京デリバリーコレクション」、というタイトルでやってみたらどうかという意見がありました。できればそのタイトルで始められたらいいなと思っています」と話した。

現在33歳の遠野だが、何歳までグラビアを続けたいのかと聞かれると「需要がある限りやりたいです。『じっくり聞いタロウ』で共演している熊切あさ美さんが40歳でDVD出しているじゃないですか。熊切さんを目標に頑張りたいので、まずは40歳までは続けたいです」と意気込んだ。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ