構ってくれなきゃヤダ…!男が彼女にする「甘えたいサイン」4つ

恋愛jp


「急にどうしたの?」と思うような行動を、彼がとってくることがありあませんか?
それ、もしかすると「甘えたいサイン」かもしれません。

彼が「甘えたいサイン」を出してきたら、それをキャッチしてしっかり甘えさせてあげましょう。

(1)スキンシップが多くなる


いつもより近くにいたり、ハグなどスキンシップが多いなら、「甘えたいサイン」。
なにか不安なことがあり、あなたに触れることで癒されたいと思っているから。

素直なタイプの男性が、甘えたい時にしてくる行動です。
抱きしめるだけでも安心するので、しっかり抱きしめて甘えさせてあげましょう。

(2)邪魔をしてくる


忙しい時や何かをしている時にかぎって邪魔をしてくることがありませんか?
これは、甘えたくて構って欲しいから。

自分のほうを優先して欲しくて、邪魔をしてきています。
忙しい時はイラっとするかもしれませんが、愛情に不安を感じている場合もあるので、一度手を止めて構ってあげて。

(3)少し機嫌が悪くなる


とくに何もケンカなどをしていないのに、少し彼の機嫌が悪い……。
「どうしたの?」と聞いても、「べつに」と返答されると困ってしまいますよね。

しかし、これは甘えたいけれど素直に伝えられないから。
機嫌を悪くしたり拗ねたりして、彼女が構ってくれることを期待しています。

(4)わがままを言ってくる


めずらしく子どもようなわがままを言ってくるなと思うなら、「甘えたいサイン」かも。
また、「疲れた」や「眠い」など、少し愚痴っぽくなるのも甘えたい時です。

上手に甘えられないから、わがままを言って彼女の気を引こうとしています。
話を聞いて欲しいので、ゆっくり時間をかけて話を聞いて、抱きしめてあげて。

男性は素直に甘えられる人が少ないので、「甘えたいサイン」を見逃しがち。
分かりづらいサインもありますが、いつもと違う行動をするのなら構って欲しいのかも。

話を聞いたり抱きしめたりして、彼が甘えられる環境を作ってあげましょう。

(恋愛jp編集部)

当記事は恋愛jpの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ