重ねるだけでコーデに差がつく!「白タートル」着こなしサンプル9選

GISELe

定番アイテムのタートルを選ぶなら、白が適任な理由がある。ベーシックな形×ニュートラルな色の組み合わせがスタイリングになじみやすく、貢献する実例を過去の号からえりすぐってご紹介。
※掲載している写真はすべてGISELeのバックナンバーのものです。

【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら

整えるための白タートル
レイヤードでのぞかせるのに好都合なタートルネック。白の抜け感がバランサーとなってまとまりを導き、首に沿う形でルックに丁寧さも印象づけられる。

01 >>
ちぐはぐにさせないつなぎ役
「特徴×特徴を整頓」

a「カラーブロックをちらかさない」
迫力のある映える色どうしをつなぐ白。首までおおう簡潔さでよりすっきりと見せ、鮮やかなのに派手すぎない装いに着地。


b「テンションの違いをとり持つために」
柄もシルエットもレトロなワンピ。フランクなリブニットでカジュアルダウンし、やんちゃなキャップのハズしを可能に。


c「厚みをおさえるふくらまない白」
ジャケットにコートをはおりたいとき、脱力感ある白を首に沿わせて厚みを緩和。トラッドなレイヤードも窮屈にならない。

02 >>
タイトな白で品行方正に
「きちんと感を印象づける」

d「黒レザーをクラシックに装う」
素材がハードなスカートには、気張らないタートルで対応。端正な白で黒レザーとおかたいジャケットがフレンドリーに。


e「白シャツよりカジュアルにまじめ顔」
シャツのえりのように律儀に見えて、コンサバになりすぎないのも白タートルならでは。ニットでデニムとの親和性もアップ。


f「強気なデザインをなじませる」
ベルトでウエストマークされた、ハリ感のあるジャケット。強さをゆるめるソフトな白が、主役アイテムの個性をならす。

03 >>
見慣れた形もリニューアル
「定番を退屈させない」

g「沈まない白でカラーシャツに立体感」
抜けて見える白を内側に仕込むことで、より奥行きのある立体感を構築。シャツ1枚で着るよりも間のびせずに装える。


h「重ねるだけでバイカラー仕立て」
同じ形を重ねるという盲点をついて、トップスの新たな表情を引き出す。白が入ることでシンプルも地味にならない。


i「アンサンブルをセルフメイク」
ひかえめな色も、重なり合えばスタイリングをリードするインパクトに。異なる形のレイヤードで、白一色にも抑揚がつく。

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ