幼い息子への手渡しを断った配達員 その理由に「まさにプロ」「素晴らしい!」

grape

※ 写真はイメージ
ましろあみ(@makaami)さんがTwitterに投稿したエピソードをご紹介します。

宅配業者がやってきた際に、幼い息子さんに受け取りを頼んだという、ましろさん。

しばらくすると玄関から子供が戻ってきて、「ママじゃないとダメだって」といったそうです。

そこで、ましろさんが息子さんの代わりに玄関に行くと…。配達員は、受け取りに来たましろさんに、こう告げたといいます。

「今日と明日だけは、万が一のために、お子さんには渡さないようにしているんですよ」

配達員がやってきたのは、12月24日のクリスマスイブ。

クリスマスイブとクリスマスの2日間だけは、子供宛てに内緒で用意したプレゼントの可能性があるため、あえて配達員は親に手渡しするようにしていたのです。

エピソードに対し、ネット上ではさまざまなコメントが上がっています。

・素敵なお話をありがとうございます。世の中捨てたもんじゃないな。

・まさしくプロ!配達員さんは、サンタクロースの味方なんですね。

・私もその対応をしてもらったことがあります。優しさがとても嬉しかったです!

配達員のさりげない気遣いは、多くの人を優しい気持ちにさせました。


[文・構成/grape編集部]

出典 @makaami

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ