“酒井法子の幻の主演作”『空蝉の森』夫婦の意味深なシーン収めた特報

クランクイン!

 2014年に撮影され、2021年2月5日より全国順次公開される酒井法子の主演映画『空蝉(うつせみ)の森』から、特報と場面スチールが解禁された。

“酒井法子の幻の主演作”と称される本作で酒井が演じるのは、雄ゼミと違い鳴けない雌ゼミのように、泣けずに1人でトラウマを抱えてきたミステリアスな女・結子。

3ヵ月間の失踪中の記憶を失くし、警察に保護された結子を「別人だ」と言い張る夫・昭彦役に斎藤歩、結子の家の防犯カメラの違和感に目ざとく気づく退職直前の假屋警部役に柄本明、夫の精神カウンセラー・山井役を西岡徳馬が演じる。

また、失踪者を調べるのが趣味のフリージャーナリスト・青柳役に金山一彦、青柳が取材する民宿のおかみ・佐藤役を2018年に他界した角替和枝さん、結子の弟・正雄役に池田努、夫の女・香織役に長澤奈央と、実力派俳優が脇を固める。監督は、映画『無垢の祈り』『私の奴隷になりなさい』の亀井亨。主題歌は、大黒摩季の「OK」(アルバム『PHOENIX』収録)。

3ヵ月の失踪後、突如帰宅した妻・結子(酒井)を、夫・昭彦(斎藤)は「別人」だと主張。退職直前の失踪課の假屋警部(柄本)は、新人刑事に「あの家の防犯カメラは、外向きでなく内側向きだった」と指摘する。そんな中、結子は夫の精神カウンセラー・山井(西岡)に「夫は祖父の遺産をもらえなくなるから、私が戻ってきたら困るはず」と相談。結子の前に夫の女(長澤)まで現れる一方、失踪者を調べるのが趣味のフリージャーナリスト・青柳(金山)は、島で民宿を営む佐藤(角替)に会いに行き…。

特報は、3ヵ月間失踪していた結子(酒井)が、警官に連れられて自宅へ戻ってくる場面からスタート。続いて、昭彦(斎藤)が「この人は私の妻じゃないです」と刑事に訴える場面や、結子が「主人はかかりつけのカウンセラーがいるぐらいで、手がつけられない時があるんです」「私が戻ってきたら(夫は)困るんです。祖父の遺産がもらえなくなるからです」と語る場面、夫の女・香織(長澤)が結子に「なんで戻ってきたの!?」と詰め寄るシーンなどが映し出されていく。

終盤では、結子が昭彦に「蝉のぬけがらで、雄雌が分かるの知ってる?」と問いかけ、「雌が鳴かないのは知ってる」と昭彦が答えると「雌は鳴けない」と言う意味深なシーンに続き、結子が駅のホームに立っている場面で幕を閉じる。妻だと言い張る女と、偽者だと言い張る夫。果たして失踪後に現れた“妻”は何者なのか。二転三転していく物語の行方に興味が高まる特報となっている。

映画『空蝉の森』は、2021年2月5日より東京・アップリンク渋谷ほかにて全国順次公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ