「大寒波」が年末年始を直撃 広範囲に長期間影響の恐れ 大雪・吹雪・厳寒

日直予報士

年末年始は寒波が襲来し、広く冬の嵐に。前回(12月14日から21日)の寒気より強く、広範囲で長期間影響が続く恐れがあります。

●年越し寒波の特徴

12月30日から冬型の気圧配置が強まるでしょう。上空1500メートル付近にマイナス9℃以下(平地に大雪をもたらす目安)の寒気は西日本まで南下する予想です。
年末年始に流れ込む寒気の特徴は
①前回の寒気(12月14日から21日に記録的な大雪をもたらしたとき)よりも強い
②前回の寒気より広範囲に流れ込む
③強弱はあるものの年明けにかけて長期間居座り、影響が長引く
恐れがあることです。

●日本海側を中心に冬の嵐

12月30日から年明けにかけて、冬の嵐となるでしょう。北海道の日本海側から山陰は広く雪が降り、平地でも大雪となる恐れがあります。数日間にわたり断続的に強い雪が降り、積雪が大幅に増える所もあるでしょう。風も強く、吹雪く所もありそうです。九州北部も雪が降り、大雪の恐れがあります。大雪や吹雪による交通障害に警戒が必要です。ナダレや屋根からの落雪、着雪による停電にもご注意下さい。
太平洋側でも東北や東海から九州南部など所々に雪雲が流れ込むでしょう。積雪や路面の凍結に注意が必要です。車は冬の装備をなさって下さい。

●極寒列島

年末年始は全国的に厳しい寒さになるでしょう。北海道と東北は一日中氷点下の真冬日になりそうです。最高気温は東北南部や北陸は2℃ほど、関東から九州は10℃に届かず、5℃くらいまでしか上がらない日もあるでしょう。冷たい北風が吹きつけ、いっそう寒さが厳しく感じられそうです。万全な寒さ対策をしてお過ごし下さい。朝晩は冷え込みが厳しくなりますので、水道の凍結にも注意が必要です。
年末年始は広く冬の嵐となる恐れがあります。最新の気象情報や交通情報を確認し、場合によっては、外出の予定を変更したり、移動手段を変更したりすることも検討して下さい。
tenki.jpの2週間天気によりますと、1月6日頃からも日本海側は広範囲で雪、太平洋側も厳しい寒さが予想されています。寒波の影響がさらに長引く恐れがあり、警戒が必要です。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ