川口春奈、大河ドラマ『麒麟がくる』撮了に感慨 プレッシャーも告白

クランクイン!

 川口春奈が25日に自身のインスタグラムを更新。出演中の大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合ほか/毎週日曜20時)の撮了を報告し、撮影中に感じていた作品のプレッシャーについても告白した。

川口が「撮了しました」と投稿したのは、『麒麟がくる』で演じている織田信長(染谷将太)の妻・帰蝶の衣装を着た写真。笑顔で花束を抱えている彼女は、撮了直後の心境について「とんでもない重さの、とんでもない大きさの、なにか大きいものから解放された気持ちです」とつづると「この1年どこにいても何をしていても大河のことが頭の中から離れず、こびりついてて、有難いことなんですが、不安で苦しくて、プレッシャーを感じる日々でした」と告白している。

続けて川口は「でもそれ以上に応援して声をかけてくれるひとがたくさんたくさんいて、私を支えてくれるスタッフがたくさんいて、背中を押してくれて、頑張ることが出来ました。麒麟がくるに参加出来たことが奇跡のようで、感謝しています!」とコメントしている。

この投稿にネットでは「帰蝶様が川口さんで本当に良かったと思っています」「素敵な帰蝶ありがとう」「はーちゃん本当にお疲れ様」と労いの声が寄せられている。

引用:「川口春奈」インスタグラム(@haruna_kawaguchi_official)

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ