NiziUミイヒ復帰でついに「9人」揃う!「待ってた」感激と「早すぎる」心配、体調は万全なのか

wezzy


 NiziUのミイヒが12月30日放送『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE2020』(テレビ朝日系)で、ついにステージに復帰する。

ミイヒは10月23日から体調不良のため活動を休止。NiziU公式サイトでは「最近の活動において体調不良が続いていましたため、医師と相談の結果、十分な休養が必要とのアドバイスを受け、本人の健康を第一に考え、当面治療と休養に専念することにいたしました」と説明されていた。

NiziUは12月2日に「Step and a step」をリリースし、ついに本格的なデビューを果たした。非常に多くのテレビ・雑誌に出演し、大規模なプロモーションを展開したが、残念ながらミイヒはそのほとんどに参加できなかった。

12月20日に更新したInstagramでミイヒは近影とともに、<お久しぶりです!MIIHIです 早く皆さんに素敵なパフォーマンスと笑顔をお届けしたいです! 今まで待ってて下さったWithUの皆さん、本当にありがとうございます 大好きです>と投稿し、近々の復帰を匂わせていたが、なんとか年内に間に合ったかたちだ。

デビュー年のうちに9人揃ってステージデビューを迎えられることになり、ファンからは「ミイヒちゃん待ってた」「復帰うれしすぎる」「ミイヒちゃん復帰ライブ、涙なしには見れん」「とても嬉しいクリスマスプレゼント」と喜びの声があがっている。

その一方、微妙な思いを抱くファンも少なくないようだ。休養期間2カ月での復帰に「早すぎる」「焦らないでほしい」「年末だからと急かされてないか?」「嬉しいけれど、もう無理はしないでほしい。ハードスケジュールも避けてあげてほしい」と心配の声も多い。

ちなみに、NiziUと同じJYPエンターテインメントに所属するTWICEのジョンヨンは、ミイヒとほぼ同時期(10月17日)に「精神的な不安を抱いている」として長期休養に入っているが、彼女は今も活動休止中だ。
ミイヒはなぜスランプに陥ったのか
 NiziUは今後、30日の『第62回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)と大晦日の『第71回NHK紅白歌合戦』への出演が予定されている。どちらも生放送だ。ミイヒが復帰して早々の大舞台となる。この状況にもファンからは「大人の事情も絡んでの復帰では?」「いきなりプレッシャーのかかる舞台で大丈夫だろうか?」といった心配の声が飛んでいる。

ただ、グローバルガールズグループを標榜するNiziUは単なる趣味集団ではなく、“大人の事情”が絡んで当然だ。ビジネスとしてのNiziUプロジェクトに、ミイヒは必要不可欠だろう。何しろミイヒは『Nizi Project』(Hulu)でのオーディション初期から、プロデューサーのJ.Y. Parkが常に絶賛する実力の持ち主だ。

ミイヒはマコ、リマ、ユナ(最終オーディションで落選)と同じくJYPエンターテインメントの練習生としてオーディションに参加。地域予選の時点でJ.Y. Parkは<スターになる準備ができている子。すべてが揃っている>とミイヒを激賞した。

東京合宿では年少組ながらリーダーを任され、高いアイドル性と歌唱力で上位通過を果たしたミイヒ。韓国合宿では序盤の個人レベルテストで「Nobody」(Wonder Girl)を披露し、魅力的なパフォーマンスでJ.Y. Parkを魅了した。この時、J.Y. Parkは<練習生として評価をするべきか、歌手として評価をするべきか分からないぐらい、まったく練習生には見えませんでした。他の事務所の練習生だったら、心の底から悔しかったと思います。奪いたいと思うくらい>と評している。

だがチームバトルでアカリ、マヤ、ユナとともに「Feel Special」(TWICE)をパフォーマンスした際、ミイヒは初めて厳しいダメ出しを食らう。それは、東京からずっとスランプ続きだったユナが復調したのと入れ替わるかのようだった。J.Y. Parkは<いままでのパフォーマンスのなかで一番残念でした。まず歌声が出ていませんでした。歌も不安定でしたし、ダンスも縮こまっている感じでした。だから、表情までも固まりました。どうしてでしょうか?>と厳しく投げかけた。

ミイヒの答えはこうだった。

<始めの頃は、ただステージに立つことがすごく楽しくて、あんまりなにも考えずにただ楽しもうって思ってたんですけど、でも、最近というか、今日のステージも、立つ前にすごい、指摘されたこととか、いろいろ考えすぎてしまったと思うし、あんまり心から楽しめなかったんじゃないかなと思います>

オーディションが佳境に入り、プレッシャーに押し潰されていのだ。

後にミイヒは、『NiziU 9 Nizi Stories』で<自分の良さが分からなくなって、自分の魅力ってなんなんだろうって考えて><4人それぞれ悩みを抱えながら準備をしていて。あんまり心が通じ合わないまま練習をしたりとか>と当時を振り返っている。一時は復調したかに見えたが、それは無理をしていたのだろう。その頃から急激に痩せはじめ、今回の活動休止にもつながったと見られる。

とはいえ最終的にJ.Y. Parkは<ミイヒさんが自信をもって楽しめればミイヒさんに勝てる人はいません>と、改めてミイヒの実力に太鼓判を押し、合格させた。今はオーディション中とは違い、NiziUを応援するWithU(NiziUファンの総称)の存在もある。そして何より、苦難を共に乗り越えたNiziUの仲間たちがいるのだ。デビュー早々に猛プッシュを受けている彼女たちが背負うプレッシャーは非常に大きいものだが、まずは『レコード大賞』『紅白』の大舞台を無事に乗りきってほしい。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ