『シャドウバース』第37話 目を覚ますといつもの日常が始まり…。

ゲームの企画・開発・運営事業を展開するCygamesは、本格スマホカードバトル『Shadowverse(以下、シャドウバース)』を原作とするTVアニメ『シャドウバース』の第37話あらすじと先行カットを公開した。

本作は、Cygamesより2016年6月に配信が開始された、スマートフォンで遊べるデジタルTCG(Trading Card Game)『Shadowverse(以下、シャドウバース)』が原作。2019年には日本語を含む9言語が世界にリリースされ、累計ダウンロード数は2200万を突破。競技性の高さを生かし、優勝賞金1億1000万円の世界大会開催やプロリーグ設立など、eスポーツシーンにも参入している注目のタイトルだ。

2020年4月よりテレビ東京系列6局ネットにて放送中の『シャドウバース』第37話は、2021年1月5日(火)夕方5時55分から放送開始。あらすじ&先行カットはこちら!

<第37話 「覚醒を呼ぶ声」>
天青学園に通う少年、竜ヶ崎ヒイロ。世間で大流行中のデジタルカードゲーム『Shadowverse(シャドウバース)』、通称・シャドバをプレイしたいヒイロだったが、祖父であるシゲフミにスマホを買ってもらえないでいた。
自分の名を呼ぶ母の声に導かれ、ヒイロは日常へと戻る。
......永遠の日常へ。

シナリオ:赤尾でこ、磯崎輪太郎/演出:平田政宗/作画監督:山村俊了、阿部島瑠珠/総作画監督:新田靖成、中熊太一

>>>第37話先行カットを全て見る!

(C)アニメ「シャドウバース」製作委員会・テレビ東京 (C)Cygames, Inc.

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ