海蔵亮太『カラオケひとり紅白歌合戦』開催、司会は次長課長・河本とパンサー・尾形に

Billboard JAPAN



2016年、2017年のカラオケ世界チャンピオン、海蔵亮太による『カラオケひとり紅白歌合戦』が12月29日の20時より、次長課長・河本とパンサー・尾形をそれぞれ紅組・白組の司会に迎え生配信されることが決定した。
https://youtu.be/DntkgmRicXI

今回の配信企画は、海蔵亮太がTikTok、サブスクリプション配信で今年流行った楽曲を中心に1人で紅組・白組に分かれてカラオケ対決するものだ。

同開催にあたり海蔵亮太は、「カラオケを使用したYouTube配信は第一興商さんのご協力で何度か行ってきたのですが、急遽、『カラオケひとり紅白歌合戦』をやる事になりました! 2020年は自分にとっても、皆さんにとっても大変な1年だったように思いますが、今年の終わりに配信を見てくれる皆さんが、少しでも楽しんでもらえるようなバラエティに富んだ番組!?にできればと思います。そして目標にしている紅白に出演できるように、来年も頑張りたいと思います!」とコメントを寄せている。

海蔵亮太は2月17日に2ndアルバム『僕が歌う理由(わけ)』をリリースする。同作には壮大なラブバラード「素敵な人よ」、介護・医療従事者への応援ソング「Everyday Heroes」、海蔵亮太 with 大竹しのぶ名義でリリースされた最新シングル曲「ありがとうって気づいていてね」など、全14トラックが収録される。

◎配信情報
『海蔵亮太 第一回 カラオケひとり紅白歌合戦』
2020年12月29日(火) 20:00開宴
https://youtu.be/DntkgmRicXI

出演:海蔵亮太
紅組司会:次長課長・河本準一
白組司会:パンサー・尾形貴弘

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ