【山田ジェームス武×坪倉康晴インタビュー】『ミュージカル「DREAM!ing」』ドリミはキラキラだけでは終わらない作品

ウレぴあ総研

ゆめ見る男子のキズナ育成ゲーム『DREAM!ing(ドリーミング!)』を原作とした『ミュージカル「DREAM!ing」』が、2020年12月24日より上演される。

ふたりひと組のペアで行う「ゆめライブ」でパートナーとユニゾンし、全校生徒の支持を得て「東雲学園」の首席を目指す候補生たちの青春ストーリーが描かれている本作。

今回は“元ペア”という役どころの花房柳(はなぶさやなぎ)を演じる山田ジェームス武さん、志部谷幽(しぶたにかすか)を演じる坪倉康晴さんにインタビューを実施!

本作の魅力についてはもちろん、自分だけしか知らない“現ペア”の素顔についても語っていただきました。

■キャラクターひとりひとりに深みがある

── 現在、稽古真っ只中ということですが、稽古を重ねて感じたご自身が演じるキャラクターの魅力を教えてください。

山田 僕が演じる花房柳は人間としてリアルに描かれているなと感じます。自分の大切なもののためだったらなんでもできて、それによって自分が周りから嫌われてもいいと思えるほどの意志の強さに人間味があふれていますし、キラキラしているところとの振り幅が魅力的。

もしも自分がその立場だったら同じことをできるかなって思うぐらい、柳のそういうところに惹かれますね。ただ、女の子に対しては来る者拒まず、去る者追わず、というスタンスなので、そこはちょっと僕にはわからないですけど(笑)。

坪倉 僕が演じる志部谷幽は、ジェームスくん演じる元ペアの柳くんに対して強い独占欲を持っていて、感情の上がり下がりが激しいキャラクターなんです。明るい性格ではないけど、でも冷たいわけでもなく、独特なキャラクターなので、そういうところが魅力だと思います。

山田 学園モノで歌ったり踊ったりするということで、最初はキラキラしたイメージがあったんですよ。でも、それだけではなくて、キャラクターひとりひとりに深みがあるというか、抱えているものがあるので、稽古に入って作品に向き合っていくにつれて、最初に想像していた『DREAM!ing』とはまったく違うなと感じました。きれいなだけでは終わらない作品だなと思っています。

── 本作ではペアでの掛け合いも見どころのひとつということで、ペア相手との関係性はまた特別なのかなと思うのですが。

山田 僕は基本、人に対してフレンドリーなタイプなんですけど、それでも入り口は少し狭めているんですよ。でも僕のペアで望月悠馬を演じる佐藤信長は、最初からその入り口につっかえもせず、そのままスッと入ってきて仲良くなれたなと思っています。

だから特に仲良くなるためにと、意識したことはないです。もしかしたら、信長は超気を遣っているかもしれないけど(笑)。坪倉はどう?

坪倉 僕は人見知りなんですけど、僕のペアの遊馬晃祐くんは、最初の顔合わせのときから積極的に話しかけてくれたんです。年も近いので、稽古場では遊馬くんと一番話していますね。

作中では、幽は遊馬くん演じる牛若湊のことが好きじゃなくて壁を作っているけど、実際の僕たちにはまったくないです!

山田 僕から見ていても、すごく仲がいいと思う。でも坪倉と遊馬が、というよりも、1年生チームも2年生チームも全体的に仲がいいんですよ。ペアで固まっていることも多いけど、みんなでコミュニケーションをとっていると感じます。

坪倉 おふたりは原作通り、ジェームスくんが柳で信長くんが悠馬って感じ。稽古場でもそうですし、ふたりで配信してたインスタライブを見ていても、普段からそれぞれが演じるキャラクターのままだなって。

山田 そう見えているんだ! うれしいな。

■ペアにしか見せない一面がそれぞれある

── ペア相手だからこそ知っている姿などがあれば、ぜひ教えていただきたいなと。

坪倉 えー! なんだろう。

山田 それでいうと、僕と信長は公式でやっているペア対談企画が初対面だったんですけど、そのときに「最初は人見知りだけど、心を開くと素を出せる」って言ってたんですよ。そして最近それがちょっとずつ見えてきたので、あ、こういうことかって思ったらすごくうれしかったですね。

── どういうところで素が見えたと感じたんですか。

山田 僕に対してふざけてくるというか。でも、そのふざけかたも小さいんですよ。俺にしかわからないような感じでやってくるから、どう拾ったらいいんだ?って思うぐらい(笑)。でも、そういうところがかわいい。

稽古場での信長は端っこで黙々と台本を確認していたり、音楽を聴いていたりするタイプなので、たぶん僕しか知らない一面なんだろうなって。

坪倉 僕は信長くんの趣味の車の話を聞いてることが多いから、そういう信長くんは知らないです。

山田 坪倉と遊馬はどんな感じなの?

坪倉 遊馬くんは、稽古場では天然というかフワっとしているんですけど、ふたりで一緒に帰っているときは、先輩って感じになるんですよ。フワッという感じが取れるというか、僕の相談に乗ってくれたり、稽古場とはまた違った印象になります。

山田 へー! おもしろいね。

坪倉 幽って、湊のことを無視することが多いんですけど、そういうときのやりとりなんかを遊馬くんから積極的に提案してくれるので、すごくありがたいです。

山田 そういう遊馬は見たことないな。実は、僕の小学生の頃からの幼馴染がダンサーをやっていて、遊馬と共演したこともあるんだよ。

坪倉 すごいですね!

山田 それで、この作品が決まったときに「すごくいい子だから面倒見てあげて」って連絡がきたの(笑)。だから、面倒を見てあげたくなるような、かわいい後輩っていうイメージを持っていて。でも今、坪倉の話を聞いていて、やっぱりペアにしか見せない一面がそれぞれあるんだなって思った。

坪倉 なんだか不思議ですね。

── では、おふたりから見て、一番ユニゾンしていると感じるペアはどこですか?

山田 樋口裕太(新兎千里 役)と長江崚行(獅子丸孝臣 役)ですかね。ふたりはとにかく能力値が高いんですよ。何かを急にやりだしても、いいものを生み出してくるというか。感性が似ているのかな。ふたりとも、キレイな六角形なんですよ。

坪倉 パラメーターってことですか?

山田 そうそう。何に挑戦しても、それぞれ合わせられるなと。見ていてすごいなって思います。

坪倉 僕もジェームスくんと同じで、裕太くんと崚行くんのペアですね。

山田 やっぱりそうだよね! ふたりは今回が初共演なんですけど、今回の役柄じゃなかったら、きっと同じ役を奪い合うポジションなんだろうなって。

千里と孝臣がいなかったら、ずっと共演する機会がなかったふたりなんじゃないかなと思います。だから見ていてめっちゃ面白い! 夢のタッグを見れたなって感じ。

坪倉 僕もまったく同じ意見です! 普段から、裕太くんと崚行くんって稽古場を盛り上げてくれるし、お芝居を見ていても、シンクロしているんですよね。

もし本番で誰かがセリフを間違えても、フォローしたり、上手くアドリブを入れたりしてきそうというか。一番ユニゾンしているなと思います。あと、歌とダンスもふたりともうまくて、見ていてすごいなぁって。

── そうなんですね。てっきり、おふたりともご自分のペアを挙げるのかなと。

山田 いや、ないですね。

坪倉 あはは!

山田 僕らはまだまだ成長段階なので(笑)。

坪倉 僕たちもそうだと思います。

■キャラクターの思いをしっかりと表現していきたい

── 今お話にもありましたが、本作は歌とダンスも見どころのひとつですよね。手応えは感じていますか。

山田 僕は歌とダンスが苦手なんです。だから、本番までにうまくなっていきたいとは思っていますけど、根幹にあるのはお芝居だと思っています。だから、芝居の面を強く出した上で歌とダンスもよくしていって、お客さんたちにいいものが観せられたらと。

坪倉 僕も、すごく得意というわけではないんですが、とにかく歌やダンスの量がすごくて苦労してます。でも、芝居の中に歌とダンスが入ってくるのがミュージカルのよさというか、歌で一気に世界観に引き込んでいけるのかなと思うし、どの歌も歌詞にキャラクターの思いが詰まっているので、そこをしっかりと表現していきたいです。

山田 そうだね。僕は特に、柳の歌がすごく好きなんですけど、すごい歌になっているんですよ!その歌が柳の闇の部分をより引き出してくれているんじゃないかなと思うので、楽しみにしていてほしいです。

── お互いのペアについて、聞いてみたいことはありますか。

山田 坪倉と遊馬って、それぞれのキャラクターに個性があるじゃない。実際、周りにいたら不思議ちゃんだなって思われるキャラクターというか。芝居の話をするとき、どんな感じで話し合いをしてる?

坪倉 そうですね。たしかにお互い難しいキャラクターなんですよね。幽のほうがまだわかりやすい性格をしていますけど、湊は喋り方がフワっとしていて、みんなに対しては明るいけど、幽に対してはまた違う顔を見せるし。……上手く言えないんですけど、結構、細かくやりとりをしています。

観てくれるお客さんたちの中で、ペアとして1位を獲りたいし、獲るためにはこうしようか、ああしようかって話をしていますね。……この回答で大丈夫ですか。

山田 大丈夫! 今(ライターが)メモしてたわ。

坪倉 してないじゃないですか!(笑) 僕たちはペアとして1位を目指したいって思っていますけど、ジェームスくんはどうですか。

山田 キャラクターとしてはもちろんそう思ってやっているけど、僕としては、一番とかはあまり考えていないんだよね。今回は僕と信長が主軸の話になるから、精一杯頑張らないとっていう気持ちはあるけど、みんなでいいものを作り上げていきたいっていう気持ちが強いかな。

もちろん、坪倉たちが1位を獲るって気持ちでやることで相乗効果も生まれると思うから、それはすごくいいと思う!

坪倉 ありがとうございます! 頑張ります!

『ミュージカル「DREAM!ing」』

劇作・脚本:広瀬格

演出:國重直也

出演:佐藤信長 / 山田ジェームス武 / 樋口裕太 / 長江崚行 / 反橋宗一郎 / 杉本陣 / 宮本弘佑 / 上仁樹 / 坪倉康晴 / 遊馬晃祐 / 川本光貴 / 磯貝龍乎 / 他

2020/12/24(木) ~ 2020/12/27(日)

会場:松下IMPホール (大阪府)

2021/1/8(日)~ 2021/1/17(日)

会場:大手町三井ホール (東京都)

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ