英語で「正午」はなんて言う?|一語で答える年末の英語クイズ

OTONA SALONE



皆さんは学生時代に英語を勉強したはずなのに、いざとなるととっさに表現が出てこないことはありませんか?この連載では、アメリカで15年間暮らした私が現地で身に着けた身近な表現をお届けします。言葉は生きています。同じ英語でも地域や立場、状況によって様々な言い方がありますし、答えは一つではありません。ここでは、なるべく簡単な言い方で相手にわかってもらえるような表現をご紹介いたします。

第1問:「正午(12pm)」って英語で言えますか?


正解は、









noon 「ヌーン」です。

We eat lunch at noon.

私達は正午に昼食を食べます。

正午の後つまり「午後」の事は、afternoon (after noon) という一語で表す単語があります。では、正午の前の事は?

in the morning 「午前中に」という言葉がありますね。

因みに、上記3番目の例文のようにbefore noon とも言いますが、どちらかと言うと正午を強調したいときに使います。そして、afternoon はあるのに、beforenoon という一語の単語は無いのです。不思議ですね。

第2問:「マンション」って英語で言えますか?


正解は、









apartment   「アパートメント」です。

イギリスでは flat 「フラット」と言います。

mansion 「マンション」と言ってしまいがちですが、これは何十部屋もあり、プールや庭園を構えた大邸宅の事です。日本ではマンションと言うのでつい英語でもmansionと言ってしまいがちですが全然違う意味なので気を付けましょう。

もっと細かく豪華だとか、分譲だとか、どんなマンション なのかを伝えたいときはアメリカ、イギリスそれぞれ言い方がありますが、そうでなければ apartment や flat で通じます。

第3問:「ベランダ」って英語で言えますか?


正解は、









Balcony 「バルコニー」です。

英語で「ベランダ」と言ってしまいそうですよね。veranda 「ベランダ」と言う言葉はあるのですが、15年の間に何度も引越しをし、家探しの為に住宅情報をみましたが、記憶にある限り、アメリカでは同じ意味の言葉としては、一度も「ベランダ」と聞いたことがありませんでした。なので、balconyが一般的なのだと思います。一戸建、集合住宅、広さや作り、用途によって、porch, patio, deck, terrase, balcony 等と区別されていました。

日本ですと主に洗濯物を干す場所ですが、アメリカでは乾燥機を使いますので洗濯物は干さずに、屋外のリビングルームの役割をしています。テーブルや椅子が置いてあり、そこでお茶をしたり、本を読んだり、おつまみと共にワインを飲んだり、週末には知人を招待してバーベキューをします。レストランでも、お天気が良いと、店内よりもまずは屋外のテーブル席から埋まります。特に北米では冬が長く厳しいので、外で快適に過ごせる束の間を思い切り楽しむのです。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ