ハロプロ12人組・BEYOOOOONDS、来年3月に2ndシングル発売

クランクイン!

 ハロー!プロジェクトの12人組アイドルグループ・BEYOOOOONDSが、来年3月3日にセカンドシングルを発売することが、25日、グループの公式ツイッターで発表された。

グループ名の語源は、英語でBeyond。 「~を超えて」「~の向こう側へ」という意味で、既成の枠組などを超えて、自由に未来へ大きくビヨーンと伸びていってほしいという思いが込められている。

昨年8月に「眼鏡の男の子/ニッポンノ D ・ N ・ A !!/Go Waist」 でメジャーデビュー。ハロプロ初となるデビューシングルでオリコン週間ランキング1位を獲得し、『第61回輝く!日本レコード大賞』最優秀新人賞を受賞。

約1年7ヵ月ぶりとなるセカンドシングルは1st同様、「Now Now Ningen/激辛LOVE/こんなハズジャナカッター!」を収録したトリプルA面となる。

この日、ひかりTVとdTV「ひかりTV チャンネル+」で放送されたハロー!プロジェクトのグループが月替わりで登場する番組『Hello! Project presents...「Premier seat」』では、「Now Now Ningen」が初披露されたほか、セカンドシングルのリリースを発表した公式ツイッターの動画では、メンバーが新曲についてコメントした。

<セカンドシングル収録曲>

■「Now Now Ningen」
作詞:児玉雨子/作曲・編曲:星部ショウ
ニューノーマル、そして誰もが待ち望む明るい未来を力強く歌うメッセージソングで昨今の時勢を明るく照らすポジティブナンバー。曲調はレゲエ調からエレクトロチューンに変容するダンスチューン。

■「激辛LOVE」
作詞:星部ショウ/作曲:Barry Blue・Paul Greedus/編曲:大久保薫
「Go Waist」に続いてのBEYOOOOONDS的洋楽カバー第2弾。英国女性ボーカルグループ・Toto Coeloによる「Dracula's Tango (Sucker For Your Love)」という1982年の原曲を昨今の激辛ブームに絡めた、辛口シビれるラブソングにアレンジ。

■「こんなハズジャナカッター!」
作詞:星部ショウ・野沢トオル/作曲・編曲:星部ショウ/ストリングスアレンジ:クラッシャー木村
研修生活動やオーディションを経て、憧れのアイドルデビューを果たしたはずが、何故か寸劇や早着替えやブートキャンプなどなど、トンチキソングばかり…メンバーの「こんなハズジャナカッター!」という葛藤を、半ば自虐的にかつ肯定的に芋洗坂係長のコミカルな振付で歌うBEYOOOOONDSらしさ全開の楽曲。

■その他収録曲
「ビタミンME」 作詞:児玉雨子/作曲:星部ショウ/編曲:板垣祐介
「二年前の横浜駅西口」 CHICA#TETSU 作詞:児玉雨子 作曲:星部ショウ 編曲:清水信之
「ヤバイ恋の刃」雨ノ森 川海 作詞:野沢トオル/作曲・編曲:中谷信行
「ワタシと踊りなさい」 平井美葉、小林萌花、里吉うたの 作詞:星部ショウ 作曲・編曲:松浦雄太

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ