寸胴体型とさよなら。おやすみ前のくびれストレッチ

Woman Wellness Online


寸胴体型が気になる。ウエストのくびれがいつの間にかなくなってしまった。くびれを取り戻したい。そんな時にウエストメイクに最適なストレッチをご紹介します。

重力の重みで潰れた姿勢を整えよう


ついつい楽な姿勢で立ったり座ったりしてしまう毎日。姿勢に気をつけようとしてもすぐに疲れてだらっとしてしまう。背中を丸めてしまう。本来であれば整った姿勢の方が体に負担はないのですが、日々の動作の癖で姿勢が崩れている上体だと、猫背などのこりやすい体勢の方に戻ってしまいます。

お腹周りの寸胴もそう。重力の重みのままにだらんと丸まった背中やお腹のせいでウエスト部分のメリハリがなくなってしまいます。ウエストメイクのためには肋骨周りとお腹の間に適切な距離を作るために縮んだ胴体をリセットしましょう。

座って出来るウエストメイクストレッチ


(1)床に座ります。

(2)右脚を横に開いて伸ばし、左脚はひざを曲げてかかとを会陰の前あたりにおきます。

(3)腰が後ろへ倒れてしまう場合は、脚を開く角度を浅くしたり、伸ばしたひざを軽く曲げるなどして腰と上半身が丸まらない姿勢を作りましょう。

出典: wwo

(4)左腕を頭上に引き上げます。このとき腕を肩甲骨から引き上げるようにし、首や肩をすくめないようにしてください。

(5)息を吸いながら左のあばら横を引き上げます。
2
出典: wwo

(6)息を吐きながら左の肩甲骨と、左のあばらを後方へ引くようにして胴体を左方向へねじります。
3
出典: wwo

(7)再び息を吸います。

(8)息を吐きながら左のあばらを引き上げるように、胴体を右方向へ倒します。
4
出典: wwo

(9)吐く息のたびに、左のあばら、二の腕、腰骨から上のウエストの順番に引き上げます。

(10)深く呼吸しながら、10呼吸キープします。

(11)反対側も同様に繰り返します。

いかがでしたか? ウエストからいきなり伸ばそうとしても、体の他の硬い部位が邪魔をして伸ばしにくいので、順序を立てて伸ばしていくのばベスト。伸びて気持ちがいいところを見つけたら、余分な力を抜いて、胴体の重みを利用して伸ばしていきましょう。

【筆者略歴】

上村 由夏

「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

寸胴体型とさよなら。おやすみ前のくびれストレッチはWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ