伝説のブラックメタル・バンド「メイヘム」狂乱の青春を描く『ロード・オブ・カオス』R18+で公開

クランクイン!

 伝説のブラックメタル・バンド「メイヘム」の狂乱の青春を描いた映画『ロード・オブ・カオス』が、R18+指定で2021年3月26日より順次公開されることが決定。併せて、日本版ポスタービジュアルと場面写真が解禁された。

本作は、ノンフィクション『ブラック・メタルの血塗られた歴史』を原作に、いまだ解明されていない事件にも触れつつ、「メイヘム」の世界をリードした音楽と邪悪ながらも切なく尊く痛々しい青春を鮮やかに描く音楽ドラマ。

ノルウェーのオスロに拠点を置き、初期ブラックメタルシーンの中核的な存在となったバンド「メイヘム」。彼らはサタニズム(悪魔崇拝主義)を標ぼうし、過激なライヴパフォーマンスとコープスペイント(死化粧)で世界のメタルシーンを席巻した。同時にバンドリーダーのユーロニモスは“誰が一番邪悪か”を競い合うアンダーグラウンド集団「インナーサークル」を結成。活動は過激化し、教会連続放火、暴動、果ては複数の殺人事件まで引き起こし、社会問題に発展した。

メガホンをとるのは、ブラック・メタルの父とでも言うべきバンド「バソリー」の元ドラマーで、ローリング・ストーンズ、マドンナ、ポール・マッカートニー、メタリカなどのMVも手掛けるジョナス・アカーランド。当時のメタルシーン内部にいた監督ならではの演出と、関係者たちへの綿密な取材で、“あの時代”の音楽と世界観を完璧に再現、メンバーの心情を繊細かつ大胆に活写した。音楽を担当するのはポストロックバンドの「シガー・ロス」。メイヘムの楽曲の狭間、心揺るがす劇伴の数々を披露している。

主人公のユーロニモスを演じるのは、マコーレー・カルキンの実弟ロリー・カルキン。準備に1年間かけ、役になりきった。ヴォーカルのデッドを演じるのは、ヴァル・キルマーの息子ジャック・キルマー。彼は、メタルの帝王オジー・オズボーンの「Under the Graveyard」(2019)のMVで、若きオジー役を演じている。

アカーランド監督は本作製作に至った経緯について「日本人のプロデューサーがやって来てね。原作『ブラック・メタルの血塗られた歴史』の権利を持っていると。私のところに来る前に、彼は日本人の監督にこのプロジェクトをやらせようとしていたようだ。だけど、正直結局その監督がどうなったのかはわからない」と説明。「この映画が日本で公開されるというのは非常にハッピーだよ。この瞬間をずっと待ち続けてきた。日本のお客さんが楽しんでくれるといいな。日本人のプロデューサーが私のパートナーであるということもあり、日本公開が一つのゴールでもあった」とコメントを寄せている。

映画『ロード・オブ・カオス』は、2021年3月26日よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて公開。以降順次公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ