お気に入りのお酒を持ち出そう。ハンドメイドで上質なオーク材ボトル

1111
Image: from TR

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

エコや節約だけでなく、お薬を飲む用途などにミニサイズの水筒が人気だそう。なかにはペットボトルの利用廃止を呼びかけるオフィスで働いているなど外部要因もあるかと思いますが、SDGsといった世界的な取り組みを含めリユーザブルは今後のトレンドかもしれませんね。

そんななか筆者もマイミニボトルを使ってみようかと考えていたところ、雰囲気良さげな木製ボトル「UpperCut(アッパーカット)」が姉妹サイトmachi-yaに登場しました。

主にはウイスキーなどのハードリカーを持ち運ぶ用途で開発されたボトルだそうですが、容量177mlと小型で薬用などにもちょうどいいサイズ感でしたので詳細をチェックしていきたいと思います。

黒塗りのオーク材が渋い

DSC_0032
Image: from TR

「UpperCut」はカップが付属するミニボトル。ステンレスベースの本体に黒塗りのオーク材がアクセントとして映えるデザインとなっています。

飲むという行為をより良くするため、エレガントさと利便性の両立を目指した製品だそうですよ。
8426db725e2eec255a166e4a019e7f61_original
Image: from TR

全体的にエッジの少ない丸みある優しい形状で、手への馴染みも良さそうですね。
DSC_0509
Image: from TR

片手サイズぐらいの収まりの良さなので、普段使いのバッグや少し小さめのカバンでも場所を取らずポータブル性は高そうですよ。

ハードリカーを外で楽しむ

DSC_0004
Image: from TR

製品本来の目的はウイスキーボトルとして開発されており、ウイスキー以外にもハードリカー全般を外で楽しむ際に活躍してくれますね。

キンキンに冷やしたスピリッツをキャンプに持ち込むなど、ちょっと大人な贅沢が楽しめそうですよ。
DSC_0017
Image: from TR

中に入れた飲量が外気に触れにくいようにするためか、飲み口はとても細い形状になっています。ドリンク類を詰めるのが難しそうですが、専用の漏斗も付属しているので手間は減らされているとのこと。

ひとつひとつがハンドメイド

AP5
Image: from TR

メーカーのこだわりで、製造はひとつひとつが職人によるハンドメイドで行われているのだそう。クラフトマンシップを感じさせる製品に仕上がっているようで、きっと所有欲を満たしてくれるのではないでしょうか。


ちょっとした水筒としても便利なミニボトル「UpperCut」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。執筆時点では数量限定のコースが35%OFFの9,970円(送料・税込)からオーダー可能でした。

他とはひと味違うミニボトルをお探しの方や、ハードリカーを嗜むジェントルマンの皆様は是非、以下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

>>上品でエレガントな木製ボトル「UpperCut」

Source: machi-ya

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ