【先ヨミ・デジタル】BTS「Dynamite」9度目の首位獲得なるか クリスマスソングがトップ100に5曲

Billboard JAPAN



GfK Japanによるストリーミング再生回数レポートから、2020年12月21日~12月23日の集計が明らかとなり、BTSの「Dynamite」が4,600,553回再生で首位を走っている。

「Dynamite」は、21日オンエアの『CDTV ライブ!ライブ!』で披露された影響もあってか、今週前半の3日間で460万回を超える再生数を記録した。この数字は、先週の先ヨミ時点の再生回数(437.5万回)を大きく上回っている。またBTSは、30日にTBS『日本レコード大賞』、31日に韓国最高峰の音楽イベント【SBS歌謡大祭典】に出演する予定で、年末年始のチャート動向に注目だ。

続いて、優里の「ドライフラワー」が先週から順位を1つあげて2位を走行中。週前半の3日間の記録としては過去最高となる428.8万回再生を記録し、週間チャートでは初の1,000万回再生超えに期待できそうだ。また3位に「炎」、10位に「紅蓮華」が入っているLiSAも、25日にテレビ朝日『ミュージックステーションウルトラSUPER LIVE2020』、30日にTBS『日本レコード大賞』、31日に『NHK紅白歌合戦』と大型音楽番組への出演を控えており、さらなる再生数増加に期待がかかる。

クリスマス直前のストリーミング数を集計する当速報では、4位を走るSEKAI NO OWARIの「silent」を筆頭に、21位にback numberの「クリスマスソング」、37位にマライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You」、66位にアリアナ・グランデの「Santa Tell Me」、77位にBoAの「メリクリ」と、クリスマスソングがトップ100中に5曲登場した。なお、本集計分を含む週間チャート(集計期間:2020年12月21日~12月27日)は、2021年1月6日に発表予定だ。

◎Billboard JAPANストリーミング・ソング集計速報
(集計期間:2020年12月21日~12月23日)
1位「Dynamite」BTS
2位「ドライフラワー」優里
3位「炎」LiSA
4位「silent」SEKAI NO OWARI
5位「夜に駆ける」YOASOBI
6位「虹」菅田将暉
7位「廻廻奇譚」Eve
8位「Step and a step」NiziU
9位「Stand by me, Stand by you.」平井大
10位「紅蓮華」LiSA

※Billboard JAPANの週間ストリーミング・ソング・チャートは、GfK Japanが提供するオンデマンド型音楽配信サービス(Amazon Music Unlimited、Apple Music、AWA、Google Play Music、HMVmusic、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、Rec Music、Spotify)、プレイリスト型音楽配信サービス(dヒッツ、うたパス)、ニールセンが提供するYouTube Musicの再生回数を合算して集計していますが、先ヨミ時点の集計値はGfK Japanのデータによる推定値となります。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ