那須川がムエタイ1位と対戦! RIZIN大晦日大会では女子高生対決も実現

SPICE


『Yogibo presents RIZIN.26』が12月31日(木)にさいたまスーパーアリーナ(埼玉県)で開催される。

今大会では那須川天心がタイの強豪クマンドーイ・ペットジャルーンウィットと対戦する。クマンドーイは150戦以上の戦歴を誇り、現在、タイ・ラジャダムナンのバンタム級1位に輝くムエタイトップクラスのファイターだ。那須川は2年前、タイ・ルンピニーのスーパーフェザー級1位、ロッタン・ジットムアンノンと対戦し、延長戦に及ぶ死闘の末に辛勝している。クマンドーイはそのロッタンに勝利しており、那須川との実力比較が難しい。

今回はクマンドーイにとっての初来日となり、日本の格闘技ファンにどのような戦いぶりを見せてくれるのか楽しみであると同時に、強敵相手に那須川の真価が試される一戦となる。2020年の締めくくりにふさわしい好カードだ。クマンドーイは「日本で試合をして天心と試合したロッタン・ジットムアンノンみたいに有名になって、沢山ファイトマネーを稼ぎたいと思います!」とコメントし、どん欲に勝ちを狙っている。

さくら vs. 竹林エル
さくら vs. 竹林エル

また、今大会では将来を嘱望される2人の10代女子ファイターが脚光を浴びる。『RIZINチャレンジマッチ』として女子高生対決が実現したのだ。同マッチに出場するさくらは16歳でのMMAデビュー以来、4戦3勝。対戦相手の竹林エルは空手10年のキャリアを持つ17歳で、アマチュア戦績は3戦3勝の無敗だ。

今回の対戦にあたって、両者は以下のようにコメントしている。

「今回、憧れていたRIZINに出場できるチャンスをいただき本当に有難うございます。去年の12月に総合格闘技でプロデビューしたばかりで、まだまだ経験の少ない私ですが、出場させて貰う以上は誰が見てもわかりやすく一本勝ちしたいと思います!そしてRIZINを応援しているファンの方々にも名前を覚えて貰う日にしたいです。女子総合格闘技、DEEP JEWELSの素晴らしさを伝えられる素敵な試合をしたいので、同じJKファイターのエル選手よろしくお願いします」(さくら)

「福井県の三村道場の竹林エルです♪今回は夢のようなチャンスをいただき本当に感激してます。JKファイター同士でアグレッシブな試合をしますのでご期待ください!竹林エルをどうぞ応援よろしくお願い致します」(竹林エル)

神童とムエタイ1位の対戦に、次代を担う女子高生対決と、『Yogibo presents RIZIN.26』はRIZIN史上に語り継がれる大会となりそうだ。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ