明日海りお&千葉雄大『婦人画報』ポーの一族特別版表紙に登場

dwango.jp news


女優の明日海りおと俳優の千葉雄大が、12月28日発売の女性ライフスタイル雑誌『婦人画報』2月号『ポーの一族特別版』の表紙を飾る。



1972年に『別冊少女コミック』で発表、 少女漫画の枠を超え愛され続けている萩尾望都の伝説的名作『ポーの一族』。2018年、宝塚歌劇で初めて上演された本作のミュージカルが、 新たなキャストで帰ってくる。 主人公エドガー・ポーツネル役を演じる明日海りお、 ミュージカル初出演にして、 アラン・トワイライト役を演じる千葉雄大が2月号増刊『ポーの一族』特別表紙で登場する。

宝塚歌劇で『ポーの一族』が舞台化されたとき、 多くの原作ファン、 そして宝塚ファンが魅了された。3年前、永遠の少年を演じた明日海りおは宝塚歌劇団を卒業し、再演はないと誰もが思っていた。しかし、明日海が宝塚では出合うことのなかった別の才能とともに、奇跡の再演が実現することに。

主演の明日海りお、 千葉雄大の話や『ポーの一族』作品年史、演出家小池修一郎さんのインタビューなど、漫画の枠を超え、多方面に大きな影響を与えた特別な物語の魅力が特別表紙と特集で紹介されている。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ