Ado、新曲「レディメイド」配信開始&MV公開

E-TALENTBANK


女子高生シンガーAdoのデビュー曲「うっせぇわ」MVが、2,000万回を突破。さらに新曲「レディメイド」の配信が開始され、野球をモチーフとしたミュージックビデオも公開された。

10月23日に公開された「うっせぇわ」のミュージックビデオは、歌い手の天月や96猫、まふまふなどの大物歌い手に”歌ってみた”カバーされるなど「うっせぇわ現象」を巻き起こし、”聴くと無敵になれる””歌声がやばい””中毒性がありすぎる”と曲の話題と共に視聴回数を伸ばし、公開から2ヶ月経った12月23日に2,000万回をついに突破。コメントは25,000件にも及び、日本語のみならず、英語、中国語、韓国語、タイ語、ロシア語など全世界から注目され勢いが止まることを知らない。

そんなAdoが今年2作目となる待望の新曲「レディメイド」が12月24日クリスマスイブに配信リリース。「レディメイド」の作詞、作曲、編曲を手がけるのは「テレキャスタービーボーイ」や「ジャンキーナイトタウンオーケストラ」を代表曲に持つボカロP・すりぃ。

「レディメイド」のミュージックビデオがYouTubeにて公開。今作のミュージックビデオは同曲のジャケットも手掛けるヤスタツがイラストを担当。“固定観念 バットで打って”という歌詞から着想を得て野球モチーフの作品に仕上がっている。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ