清水尋也主演『映画大好きポンポさん』公開延期 2021年6月4日に

クランクイン!

 アニメーション映画化『映画大好きポンポさん』の公開日が、当初予定されていた2021年3月19日から同年6月4日に延期されることが決まった。

制作サイドは、「昨今のコロナウィルス感染(COVID19)感染拡大の影響を鑑み、より多くのお客様にご鑑賞いただける環境を目指すべく、2021年6月4日(金)への公開延期を決定いたしましたことをお知らせ致します」と発表。「来春より実施予定の一般試写会に向けて感染症対策に十分留意しながらスタッフ一同鋭意進行しておりますので続報をお待ち下さい」とコメントしている。

本作は、マンガ大賞2018で入賞し、pixiv上で80万ビューを超えた杉谷庄吾【人間プラモ】の同名漫画をアニメーション映画化。映画を愛する青年と映画に愛された女性が、映画制作を通して“自分”を見つけ出す、映画愛にあふれた作品。

監督と脚本を務めるのは『劇場版「空の境界」第五章 矛盾螺旋』『GOD EATER』などを手がけてきた平尾隆之。キャラクターデザインを『WORKING!!』『ソードアート・オンライン』シリーズの足立慎吾、作画監督を加藤やすひさ、友岡新平、大杉尚広、アニメーション制作をCLAPが担当する。

敏腕映画プロデューサーの“ポンポさん”ことジョエル・ダヴィドヴィッチ・ポンポネットのもとで製作アシスタントをしているジーン。彼は映画に心を奪われ、観た映画をすべて記憶しているほどの映画通だが、ある日ポンポさんから次に制作する映画『MEISTER』の脚本を渡される。伝説の俳優の復帰作にして、頭がしびれるほど興奮する内容に大ヒットを確信するが、なんと監督に指名されたのは以前任されたCMが評価されたジーン。ポンポさんの目利きにかなった新人女優ナタリーをヒロインに迎え、波瀾万丈の撮影が始まろうとしていた。

主人公のジーン・フィニを演じるのは、声優初挑戦の若手俳優・清水尋也。新人女優ナタリー・ウッドワード役を、本作が劇場アニメーション声優初挑戦のモデル兼女優・大谷凜香、映画プロデューサー・ポンポさん役を声優の小原好美が務める。そのほか、表現力バツグンの実力派若手女優ミスティア役で加隈亜衣、ニャカデミー賞を6度受賞した世界一の俳優マーティン・ブラドック役で大塚明夫が出演する。

アニメーション映画『映画大好きポンポさん』は2021年6月4日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ