BMWの高性能SUV「X5 M/X6 M」に、重厚なマットカラーをまとう限定モデル

IGNITE


2020年のクリスマスイブに、わずか10台の特別な「BMW X5 M/X6 M」が発売。注文受付は、BMWオンライン・ストア(https://online-store.bmw.co.jp/)から。少数精鋭の限定モデルは、あっという間に完売になってしまうことが常となっている。



[nextpage title=”内外装ともにエクスクルーシブ感に溢れる”]

合計10台の限定モデル「X5 M ファーストエディション/X6 M ファーストエディション」は、重厚なマットカラーをまといつつ、内外装の随所にカーボンパーツを奢って特別感を演出している。



ベース車は、高性能モデルの「X5 M コンペティション/X6 M コンペティション」で、4.4Lの直噴V8ツインパワーターボ+8速AT+M xDrive(4WDシステム)を搭載。最高出力625ps/最大トルク750Nmというスペックは、BMWの量産モデルにおいて最強を誇っている。路上を支配するような絶対的なパワーは大柄なボディを物ともせずに加速させ、0-100km/h加速は3.8秒をマークしている。



ボディカラーは「フローズン・マリナ・ベイ(限定2台ずつ)」と「フローズン・ダーク・シルバー(同じく3台ずつ)」が用意され、どちらもエッジの効いたボディラインを際立たせつつ、重厚かつ高級感のあるオーラを漂わせている。



M仕様のカーボンパーツは、エンジンカバーやミラーキャップ、リアスポイラー(X6 M ファーストエディションのみ)に採用。X5 M ファーストエディションには、ハイグロス・ブラックのルーフレールが装備される。



また、足元にはブラック塗装の専用21インチ/22インチ 818M ライト・アロイホイールを装備し、強靭かつ俊敏なフットワークを予感させる。



一方の内装では、ラグジュアリーとスポーティを完璧に融合させたBMW Individualフルレザー・バイカラーシート(専用オレンジステッチ付き)や、First Editionロゴ入りのカーボンファイバートリムが奢られる。



価格は「X5 M ファーストエディション」が2,068万円、「X6 M ファーストエディション」が2,122万円。

(zlatan)

画像元:BMWジャパン

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ