気鋭のヒットメーカー・Yaffleが新たに手がけるマルチルーツアーティスト“AKINA”とは?

OKMusic

藤井風の「優しさ」「何なんw」、小袋成彬の「Lonely One feat. 宇多田ヒカル」などのヒットで知られる気鋭のプロデューサー・Yaffle。彼が新たに手がけた女性アーティストが、にわかに話題を呼んでいる。

彼女の名前はAKINA。チャーミングな笑顔とセクシーさを兼ね備えたAKINAは、日本・アメリカの両方にルーツを持つ。11月27日に配信リリースした「Touch」(UKマンチェスター出身のシンガーソングライター・Shuraのカバー)は、Yaffleの手によってよりポップで歌詞とのコントラストが強まった曲の世界観をアンニュイな歌声で表現。同じくYaffleプロデュースの2ndシングル「Gravity」では作詞・作曲も担当し、“駄目な恋愛だとわかっていても、引力に導かれるようにあなたに惹かれてしまう・依存してしまう”といった交差する想いを紡ぎだしている。

AKINAは2013年から活動しているガールズ・ユニオン“FAKY”のメンバーで、バレエ、コンテンポラリー、ヒップホップ等幅広いジャンルを操るメンバーでも随一のパフォーマーとして知られている。その実力は、Lil’Fangと一緒にパーソナリティを務めるWREP6の企画でカヴァーダンスをインスタストーリーに投稿したところ、世界で最もYouTubeチャンネル登録者数の多いダンサー・Matt Steffaninaから大絶賛されるほど。フォロワー40万人越えのダンスインスタグラムチャンネルepicvideodancevideosにもリポストされている。

ダンサー界隈でも注目の的となっているAKINAだが、2020年11月からは本人によるセルフプロデュースで、Yaffleとタッグを組みソロ活動を開始。FAKYで培った実力を武器に、ソロアーティストとしての新章を迎えたという次第だ。Yaffleが作り上げるサウンドとAKINAが、今後どのような化学反応を引き起こすかに注目してほしい。

配信シングル「Gravity」

\n■配信&ダウンロード
https://avex.lnk.to/Gravity_AKINAPR

\n

当記事はOKMusicの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ