女優・石原さとみのはまり役だった作品ランキング

gooランキング

芸能界で特に人気が高い女優といえば石原さとみ。先日結婚を発表した際には、日本中をあっと驚かせました。そんな彼女が出演する作品では、毎回メイクやファッションにも注目が集まり、それらをまねる女性が続出するほど。そこで今回は、石原さとみのはまり役だった作品について探ってみました。

1位 アンナチュラル
2位 失恋ショコラティエ
3位 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は『アンナチュラル』!
『アンナチュラル』
2018年1月に放送されたこの作品は、不自然死究明研究所という架空の研究機関を舞台に、不自然死の謎を解明して事件の裏側にある謎や真実を突き止めるというもの。本作では、今まで演じてきた天真爛漫で明るい性格とは異なる落ち着いた知的な主人公・三澄ミコトを演じました。いつもはハイテンションで早口のようなせりふ回しが多い彼女ですが、この作品では落ち着いた少々低めなトーンで話すことが多く、いつもとは違う知的な役柄に魅了された人が多数。1位となりました。

2位は『失恋ショコラティエ』!
『失恋ショコラティエ』
2014年に放送された嵐・松本潤主演の恋愛ドラマ『失恋ショコラティエ』。この作品では、主人公・小動爽太が恋い焦がれる人妻役の吉岡沙絵子を演じました。夫がいるにも関わらず主人公を惑わせる小悪魔的な表情や仕草が印象的な役柄。また、ヘアメイクやファッションにも注目が集まり、作中で身につけていたふわふわのファーがついたパステルカラーのコートにスカート、ブーツといった王道モテ系ファッションに身を包み、斜めバングスの髪形やぷるぷるの唇といったモテメイクを施した石原さとみを見て、毎回キュンキュンした人が多数。2位となりました。

3位は『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』!
『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』
2016年10月に放送されたこの作品は、人気小説『校閲ガール』をドラマ化したもの。出版社を舞台に、ファッション誌の編集者を目指すも、内容に間違いや矛盾がないかを確認する校閲部に配属された石原さとみ演じる主人公・河野悦子の奮闘ぶりが描かれたもの。この作品でも注目されたのが、彼女のファッション。カラフルなアイテムやスカーフ使いなど、華やかなトレンドファッションやヘアスタイルを毎週楽しみにしていた人が多数。どれも彼女によく似合っていたと感じた人が多く、3位となりました。

このように、石原さとみが出演した中でも特に人気の高かった作品が上位に選ばれる結果となった今回のランキング。気になる4位~40位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたは、どの作品が石原さとみにはまっていたと思いますか?

写真:タレントデータバンク
石原 さとみ|1986/12/24生まれ|女性|A型|東京都出身)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,083票
調査期間:2020年11月07日~2020年11月21日

当記事はgooランキングの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ