宝くじで15億円を当てた20代大学生 「二度と働かないよ」(豪)

若くして大金を手に入れることができたら、一生働かずに過ごせるかもしれないと考えたことはあるだろうか。このほどそんな夢のような話が現実となった幸運な男性のニュースが届いた。男性はなんと20代の大学生。早期退職には早すぎる年齢に、多くの人が驚きと羨望の眼差しを向けている。『news.com.au』などが伝えた。

豪クイーンズランド州ブリスベン郊外マクレガー在住の男性は今月17日夜、オーストラリア・パワーボールという宝くじで2千万オーストラリアドル(15億円超)の高額当選を果たした。匿名を希望しているこの男性は20代の大学生で、一夜にして億万長者となった。

パワーボールはアメリカで有名な宝くじだが、オーストラリアでも別バージョンとして購入することができる。1~35の数字の中から7つ、さらにパワーボールと呼ばれる1~20の数字の中から1つの数字を選び、当たった数字の数で当選金額が変わってくる。抽選は毎週木曜日、オーストラリア東部標準時(AEST)の午後8時30分にテレビでも発表される。

男性は“29、4、17、16、33、5、9”の7つの数字とパワーボールの“13”を全て当てる“ジャックポット”を勝ち取った。さらに同じ数字で当選した人が他にいなかったことから、当選賞金の15億円超は丸々男性のものとなった。

他人の宝くじ高額当選のニュースを見るたびに男性は「この人は運がいいな。次は僕の番だ」と思っていたようで、「本当に自分の身に起きるなんて信じられない」と驚いている。

男性が当選の事実を知ったのは、オーストラリアの公式宝くじ「The Lott」の事務局からの電話だった。電話を受けて「嘘だろ!?」と悲鳴に近い声をあげたそうで、当時の心境を次のように話す。

「思わず購入した宝くじを確認したよ。その日(木曜日の抽選日)は一日中宝くじを買おうと考えていたんだけど、忙しくて買えなかったんだ。夜になって『何か忘れているな』と思い、その日の抽選が終わる前に宝くじを手に入れたんだ。」

当選の電話にて、まず誰に報告したいかを聞かれた男性は「まず家族に知らせようと思って電話してみたんだけど、みんな寝ていて誰も電話に出なかったんだ。その日の夜は興奮して眠れないと思ったから、映画でも見て落ち着きを取り戻そうかなと思ったよ」と明かしたという。

オンラインで宝くじを購入した男性は、当選金の使い道について聞かれると「二度と働かないね。人々は仕事に一生を捧げるけど、僕は家族や友人に捧げたいと思うんだ。特に今年は大変な年だったから、家族や友人を助けて驚かせたいな。以前から複数のチャリティー団体に寄付していて、そこの団体にもより大きな支援ができるよ」と語ったそうだ。

画像は『9News 2020年12月18日付「Brisbane student heads for early retirement after winning $20 million Powerball」(The Lott)』『news.com.au 2020年12月18日付「Powerball: Brisbane uni student in his 20s wins $20 million lottery prize, Powerball numbers」(Source:Supplied)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ