「ゾンビ化したアンジェリーナ・ジョリー」で有名になったイラン人女性、素顔で公の場に登場<動画あり>

2017年に当時19歳のイラン人女性が、ハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーに似せるため50回もの美容整形手術を受けたことを告白していた。彼女はゾンビのような姿をした奇抜な写真をInstagramに投稿しSNS上を沸かせたが、のちにこれが原因で当局に逮捕されてしまった。そんな彼女がこのほど保釈され、素顔のまま公の場に登場したことで再びメディアを賑わせている。『rokna.net』『Mirror』などが伝えた。

イランのテヘランに住所を置く、元インスタグラマーのサハル・タバルさん(本名Fatemeh Khishvand、23)はかつて“ゾンビ化したアンジェリーナ・ジョリー”と呼ばれ、多くのメディアに取り上げられた。しかしInstagramに投稿されたサハルさんの奇抜な顔は、美容整形ではなくメイクやPhotoshopで加工したものであることが明らかになっている。

当時、サハルさんのInstagramは50万人以上のフォロワーを抱えており、多くの関心を集めていた。ところがこのサハルさんの行動に目を光らせたテヘランの裁判所が、彼女に対して逮捕命令を下したのだ。

当時の報道によれば、サハルさんは「神を冒涜し、暴力を助長した。また不法に財産を取得したばかりでなく、国の服装規定を守らずに屈辱し、若者の堕落を促した」として昨年10月に逮捕されたという。ちなみに当時、彼女の他にも女性インスタグラマーが3人逮捕されている。

イスラム共和制のイランでは、コーラン(イスラム教の聖典)の教えなどから女性に対して性的抑圧や服装制限があることで知られている。その他に同性愛者の権利なども認められておらず、無神論者ともなると国内で生活することはおろか逮捕されて改宗や帰教を促され、従わない場合は死刑になることもあるという。

そんな厳格な制度の中で、サハルさんは若者を堕落させる象徴とみなされて逮捕されてしまった。また今年の4月には、刑務所内で新型コロナウイルスに感染し保釈を訴えていたものの認められなかった。そして今月に入ると、サハルさんに懲役10年の実刑が下されてしまった。

しかし実刑が下されてから数日後、裁判所は彼女の保釈を認め、サハルさんはようやく自由の身になった。この結果には、かねてからサハルさんの釈放を訴えていたイランのジャーナリスト、マシ・アリネジャドさん(Masih Alinejad)が「大規模なメディアの圧力があった後に、今回の保釈が決定した」とツイートしている。

保釈後、サハルさんは地元メディア『Rok News Agency』のインタビューを受けたが、公開された一部映像で彼女の姿はInstagramに投稿した写真とはかけ離れていた。頰はふっくらとしており、ゾンビのイメージは全くない。

『Daily Mail Online』によると、今回のインタビューでサハルさんは、母親に容姿を変えないように忠告されたもののInstagramの“いいね!”欲しさに止めることができなかったと明かしており、「私は自分の投稿に人々がフォローし、“いいね!”が増えるたびに、自分のやっていることは間違っていないと感じていました」と語ったという。

『Rok News Agency』では、同インタビューの詳細映像を後日公開する予定とのことだ。



画像は『rokna.net 2020年12月17日付「سحر تبر از زندان آزاد شد + فیلم بعد از آزادی」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ