【コンラッド東京】古き良き50年代のアメリカをイメージした「いちごビュッフェ」

IGNITE


水玉模様のスカートをはいた女性に、ロックンロール。そんな50年代の古き良きアメリカをイメージした、ポップ&キュートなスイーツが並ぶいちごビュッフェが登場だ。



コンラッド東京のオールデイダイニング「セリーズ」では、旬の日本産のいちごをふんだんに使い、アメリカの50年代から着想を得たスイーツやセイボリーが並ぶ「ストロベリー・ポップ・スイーツビュッフェ」を来年1月より開催する。

■アメリカをイメージしたスイーツやセイボリー
アメリカンドリームという言葉が生まれ、ダイナーに人々が集まり、クラシカルな街並みや自動車、女性たちの気品のあるエレガントなファッションなどがあふれた、古き良き50年代「フィフティーズ」のアメリカ。今年のいちごシーズンのスイーツビュッフェは、この1950年代のアメリカをイメージし、アメリカンテイストあふれるポップでキュートな水玉のスイーツやいちごを使ったセイボリーを取り揃えた。

シェフが目の前でスイーツとセイボリーを完成させる好評のライブステーションでは、スイーツにはいちごを使ったモンブラン、セイボリーにはアメリカを意識した「ケイジャンチキンとベイクドビーンズ」を用意した。



■ポップでキュート!いちごが美味しいスイーツの数々

スイーツは、赤を基調に50年代アメリカのポップなファッションやダイナーからインスパイアされたポップでキュートなアイテムをラインアップ。

目を惹くのは、中にラズベリーとマスカルポーネが入った、赤にライムグリーンが映える「ベリーティラミス」。いちごの形がかわいらしい「いちごとピスタチオのムース」は、いちごの酸味を感じると同時に、ピスタチオが香るスイーツ。ルバーブコンポートの酸味がフロマージュブランに包まれるような味わいの「いちごとルバーブコンポート」はシナモンが程よく効いて、クランブルのザクザク感も楽しいアイテムだ。





■セイボリーにもいちごを使用

セイボリーにも、いちごを使った、大人がうれしいアイテムが登場。冷たいアイテムには彩りもあざやかで、サーモンとゴートチーズにいちごの爽やかさが加わった「サーモンとビーツといちごのタルト ゴートチーズのムース」。

温かいアイテムには、いちごを使った「いちごとバジル風味のシーフードピザ」や「チリコンカンとトルティーヤチップス 3種のコンディメント」でアメリカンテイストが楽しめる。



シェフの創造性あふれる、色鮮やかで見ているだけでも楽しくなるようなスイーツとセイボリーをラインアップした、ポップでキュートないちごのスイーツビュッフェ。

モダンフレンチレストラン「コラージュ」の開放的な空間でシティビューを見ながら、楽しいデートを。



「ストロベリー・ポッブ・スイーツビュッフェ」
期間:2021年1月8日(金)~4月30日(金) 金曜日、土曜日、日曜日、祝日のみ
場所:28階 オールデイダイニング「セリーズ」
料金:1名 4,800円 (税サ別)/ 5,800円 (税サ別)<コンラッド・ベア付き>
予約:https://conrad-tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/sweets/cerise_2012

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ